スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国移動(China Mobile)初のAndroid携帯電話は6月に iPhoneと比べ10%割高

今回のもとネタはこちら
『中移动6月推首款Android手机 比iPhone贵10%』

【翻訳文】
中国移動で6月に新たな携帯電話を出す後に、Google Andorid Osベースの携帯電話が中国でデビューする。

台湾の携帯電話メーカーHTCは、中国移動は小売店を通してこのカスタマイズされた携帯電話を販売していくと語った。

アナリストは、中国移動のカスタマイズされたハイエンド携帯電話が成功をおさめれば、その他携帯電話ブランド、例えばアップルのiPhoneが中国に進出してくる障壁を取り払うことになるだろうと考えている。

Apple社と中国聯通はiPhoneの中国市場進出について数ヶ月も話し合いをしているが、業界関係者は規制機関が中国移動が競争性のあるTD携帯電話を待っており、その後にiPhoneが発売されると考えている。GoogleのAndroid携帯電話とiPhone携帯電話は中国では”グレーなチャネル”を通して購買されるが、ユーザーはドイツテレコムがカスタマイズしたG1携帯電話を買えるだけでなく、小売チェーン店でiPhoneを購入することもできる。

また中国はWIFI携帯電話が市場に出るのを禁じており、事実上WAPI標準に互換のない携帯電話の販売を禁止している。キャリアは販売できないだけでなく、同時にユーザーにWiFiサービスを提供することも禁じている。

1月の3Gライセンス発行後、中国政府は中国移動,中国聯通,中国電信と言う3大キャリアの勢力均衡を希望している。

現在中国移動は4.83億ユーザーを持ち市場のリーダー的地位にいるが、ここ数ヶ月は、中国移動の新増ユーザー数はその他キャリアに遅れを取っている。その原因の一部は中国移動が採用した独自標準技術のTD-SCDMAにある。中国聯通と中国電信が利用しているのは欧米標準のWCDMAとCDMA2000である。

現在HTCのこのAndroid携帯電話はこの問題を回避することに成功しており、それがEDGE技術を利用しているため、3G技術のほとんどの機能を実現できている。

HTCは、Android携帯電話の小売価格は約5,000人民元(約733米ドル)で、グレー市場でのG1の販売額より20%高く、iPhoneと比べ10%高いと語った。

HTCはまた、中国移動向けにTD-SCDMA標準の3G携帯電話を提供する件は、中国移動はこれに対し回答をくれていないと語った。

レノボグループ傘下の携帯電話メーカーも中国移動向けにTD-SCDMA標準の携帯電話を研究開発する準備をしている。


【書評】
中国の携帯電話ユーザー数は2009年4月末時点で6億7,900万件といわれている(関連記事)。その中での4.83億ユーザーということは現時点、中国移動の一人勝ちと言うより独占状態と言ってよいであろう。その中国移動は3Gライセンスでは中国国内のみの独自規格TD-SCDMAを3Gライセンスとして割り当てられた。本文にも書かれているとおり3社間の勢力均衡、というより独占状態を打破したかったのであろう。3G携帯電話は2012年~2013年にかけてそのユーザー数が10億に達するとも見られている。これは、中国の人口の2/3程度でパソコンの普及よりも3Gネットワークの方が浸透するだろうという意見もあるくらいだ。また、3Gとなれば現在ADSL 1~2MBがインターネット回線の標準速度であることを考えると、物理上3Gでは14.4MBの速度がでるため、インターネットで映像などを楽しむユーザー、地方でのインターネット環境の未整備を考えれば、あながち突拍子のない話しではない。
中国移動初のAndroid携帯電話は5,000元(≒69,512円)と日本でNTTドコモから発売される同機種と比べても割高ではあるが、各種サービスとの組み合わせ、本格展開などで価格に関しては時間とともに適正な価格に落ち着いていくであろう。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。