スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DELL Mini10はUbuntuを選択可能

今回のもとネタはこちら
『戴尔Mini 10可选装Ubuntu操作系统』

【翻訳文】
DELLのある広報担当者が今週ブログ上で、DELLのInspiron Mini 10ネットブックがUbuntuを選択できるようになると言うことを公表した。DELLの更なる計画として2GBのメモリーとデジタルTVチューナーを装備していくとのことだ。

Windows XPがMini 10の標準装備だが、消費者はUbuntuのプレインストールも選択可能である。DELL公式サイトのMini 10のページには”Ubuntuを選択”と言う項目がある。

ネットブックは初めの設計はLinuxの運用が考量されていたにも関わらず、ユーザーはWindows XPの方を好んでいて、これは少なくともマイクロソフトの収入で証明されている。しかしLinuxを選択できると言うことはDELLやその他OEMベンダーが更に独自性と多様化を持っていけると言える。

”我々は既にMini 10用に新しいユーザーインターフェースを設計した、”とDELL広報担当Anne Camden氏はブログで書き、”未だかつてない我々が設計した独特なユーザーインターフェースは、もっとも適切な説明としては、ダイナミックさがあり活力に満ちている。我々の目標はUbuntuのインターフェースとプログラムをありきたりにしないことだ。我々はユーザとMini 10の交流に道を開いたが、例えばそれは、Webサイトを見てもらったり、写真を見てもらったり、家族とチャットをしたり、あるいはソリティアをしてもらったりすることだ。我々はMini 9とMini 12のフィードバックをユーザーからもらい、Mini 10のユーザーインターフェースはより改善され、更に魅力的になった。”

DELLは最近Mini 10のオプションページに35米ドルの価格を追加したが、1366×768の解像度、720pの表示能力を持つディスプレイ、また3芯/6芯の電池で、販売価格はそれぞれでは15と30米ドルである。今週、DELLはまた32GB或いは64GBのSSDのオプションを追加したが、販売価格はそれぞれ75米ドルと125米ドルであった。

DELL Mini10

”既にMini 10の販売ページを見た消費者たちに対しては、更にもう1つのサプライズをお見せできるだろう : それは2GBのメモリーと内蔵型ATSCデジタルTVチューナーだ”、Camden氏は続けて、”同社は素早くインターネットにオプションページを出していく -- 実際のところ欧州向けにはDVB-TデジタルTVチューナーを迅速に出していく”と語った。

DELLのInspironネットブックシリーズにはMini 9とMini 12の両製品もある。


【書評】
現時点では未だのようだが、DELLのネットブック新製品”Inspirion Mini10”ではUbuntuを選択できるようになるとのことだ(関連リンク)。プレインストールは以前にもふれたとおり(関連記事)、Linuxの普及に重要なファクターである。ただ、今回の措置はLinux搭載パソコンが欲しいという人のニーズを満たすだけで、通常の顧客への普及にはつながらない。と言うのも、デフォルトのOSを変更する人が一体どれくらいいるのであろうか?ネットブックに関するデフォルトOSはUbuntuと言うくらいになると、インパクトも変わってくるのだが。
ただ、DELLもここでVistaを採用していないのは、言われ尽くしてはいるが、”やはり”と言う感がある。Windows 7が本出荷になりどうなっていくかがキーであるが、Vistaと同様であればWindows XPの販売をいつまでも伸ばしていく訳にはいかないだろうから、そこに大きなチャンスが生まれるかもしれない。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。