スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SugarCRM : オープンソースとビジネスの完全な融合

今回のもとネタはこちら
『SugarCRM:开源与商业的完美结合』

【翻訳文】
SugarCRM社新任の中国地域総経理の徐允平氏は、SugarCRMを商用CRMとオープンソースCRMの本質を兼ね合わす、商用オープンソース顧客連携管理ソフトウェア(Commercial Open Source CRM)と位置づけた。彼は、中国市場では商用をバックボーンとしたオープンソースモデルがCRMソフトウェア発展の潮流となると考えている。

2009年4月22日、SugarCRMは上海でプレミアムパートナーサミットを行うと同時に、中国地域の総経理新任を発表した。我々はこれが、SugarCRMが商用オープンソースビジネスを実施する前奏であることを見て取れる。

事実としてオープンソースはめずらしいことではないが、通常のオープンソースと比較すると、SugarCRMの場合はオープンソースソフトウェアと商用ソフトウェアの間でまったく相違がなく、オープンソースソフトウェアにも商用ソフトウェアと同様に更新やアップグレードがあり、機能面でも、オープンソースソフトウェアも商用ソフトウェアが持つのと70~75%が重複している。両者の区別は商用ソフトウェアはSaaS(ソフトウェアアズサービス)及び販売前後のサービスが備わっており、オープンソースソフトウェアはコミュニティメンバーの相互サービスにより多く依存している。

”そして両者の相互補完的な関係は、オープンソースコミュニティは商用オープンソースのために無償のテストプラットフォームを提供し、ビジネスで獲得した利益は継続的にオープンソースコミュニティの運用に資金面でのサポートを提供している”と徐允平氏は語った。CRM専門家の叶开氏は、SaaSモデルは企業のコスト削減に有効であり、さらに高いユーザー利用率も確保できると語った。

商用とオープンソースの組み合わせは、中国企業に多くの機会ももたらす。金融危機は中小企業に深刻なダメージを与えたので、なおさらのことである。”企業は経済危機の中でCRMを利用するのは既存顧客の資産において、如何に合理的にその顧客資産を利用していくかと言う、ビジネスプロセスを再調整する機会でもある。これは現在企業でも関心の高いことである。既に利用している企業は既存の顧客との関係を良好に維持しており、オープンソースソフトウェアの品質の問題は完全に取り除かれたので、安心してSugarCRMを顧客リレーションシップ管理に利用できる”と徐允平氏は語った。

しかし、中国国内の広大な中小企業の市場に直面した際、SugarCRMの推進にはパートナーのサポートが切っても切り離せない。それならば、SugarCRMはパートナーを如何に選択していくべきなのだろうか?SugarCRM創始者の1人Clint Oram氏は、中国でのパートナー選択においては、SugarCRMはまず”商用CRMはオープンソースCRMの後ろ盾”と言う理念に賛同し、同時に共通の価値認識を持っていたいと考えていると語った。その他としてはある程度の専門能力と技術能力を持ち、あわせてパートナーが顧客に付加価値サービスを提供できる能力を有していることである。

加えて、現在SugarCRMは世界中に250社のパートナーがいて、正式なパートナー関係が成立した後に、SugarCRMはパートナーに対し、専門技術,マーケティング,セールスなどのトレーニングを行う。”我々はその他の地域で既に成功経験があり、これらチャネルの展開方法と方法で同様に中国市場でも運用できる。既に香港,北京,上海,杭州の企業と協業の交渉をしており、現在協業の意向を表している企業は、数は言うまでもなく地域においても増加及び拡大している”とClint Oram氏は語った。


【書評】
現在中国市場においてはクロスプラットフォーム対応のCRMソフトウェアが台頭してきているのは、以前にも書いた(関連記事)。SugarCRMはその代表格として中国でも存在感を強めている。中国市場には金蝶(Kindee)と言う最大手が存在しているが、Windowsとの組み合わせが多いように思われる。オープンソースの潮流に乗りSugarCRMが今後も勢力を拡大していけるのかは非常に注目である。また、CRMと言う概念自体を国内の中小企業に浸透させていくのも合わせて必要な作業である。と言うのも中国には情報共有→手柄を横取りされる、と言う概念が今なお残っているようだからだ(関連記事)。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。