スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華為 初のAndroid携帯電話の公式写真をリリース

今回のもとネタはこちら
『华为首款Android平台手机官方图放出』

【翻訳文】
華為の初のAndroid携帯電話は今年のMWC2009上で初めて露出され、華為がAndroid携帯電話を研究開発するのは今年の重要な任務の1つと発表された。製品は正式に明かにされてはいるが、今でもなお関係者は製品の最終構成と詳細は明らかにしていない。数日前、華為はAndroid携帯の公式写真をリリースしたので、この携帯電話は早めに世間に出てくることが期待される。

huawei1

huawei2

華為のGoogleシステム携帯電話は外見上、大きなスクリーンから、最終的なタッチの感覚までアップルのiPhoneの要素が見受けられ、それはiPhoneとGoogle携帯電話の完全な融合を実現している。その携帯電話は3.8インチのフルタッチスクリーンで、500万画素のCCDカメラを内蔵しており、オートフォーカスをサポートしている。

huawei3

その他情報では、この華為Android携帯電話は標準的な3.5mmヘッドフォン端子, ワイヤレスLAN機能, G-Sensorと言う名のセンサー(画面が自動的に回転することを実現している), YouTube, FM ラジオ, ブルートゥース2.0 +EDR, USB 2.0, GPSナビゲーター, 電子コンパス機能, Googleマップ機能, Google Mapsストリートビュー, Google検索, Android Marketアプリケーションダウンロード, HSDPA機能などを装備しているとのことだ。現時点の情報は最終的な製品構成というわけではないが、わかっているのは、この携帯電話は今年の第3四半期に市場に出る予定で、その後、華為はEV-DOおよびTD-SCDMA方式のスマートフォンシリーズを続々と出していくということだ。


【書評】
華為社がAndroid携帯電話を出す予定であることは、2ヶ月前に当Blogでもお伝えしたが(関連記事)、徐々に具体化しつつあるようだ。EV-DOは中国電信、TD-SCDMAは中国移動で、iPhoneは残りの中国聯通からの出荷が予測されているため(関連記事)、綺麗に対決図式となる。また韓国のLGも中国3G向けに25製品の出荷を予定している(関連記事)。3Gは高速通信を実現するため、コンテンツ配信、携帯電話向けオンラインショッピングなども活況を呈していくであろう(関連記事)。やはり、今回の不況を抜け出す鍵は中国市場にあるのだろう。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。