スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu中国大陸での会社設立を計画

今回のもとネタはこちら
『Ubuntu计划在中国大陆成立公司』

【翻訳文】
4月17日午後のニュース、Linux OS UbuntuのビジネススポンサーのCanonical社高官が、同社はまさに中国大陸での会社設立を計画しており、世界最大のコンピュータ市場の中国に今後3年間での進出を加速させると明かした。

Canonical社ワールドワイドOEMサービス責任者のJon Melamut氏が最近新浪科技に対し、同社はまさに中国大陸での会社設立を計画しており、同市場への進軍を加速させると明かした。Jon Melamut氏は、3年後中国は世界最大のコンピュータ市場になると予測している。Canonical社は2年前に台湾に市場に進出し始めていた。あわせて3ヶ月前に中国台湾に会社を設立しているが、オフィスは有名な101ビルで、現在11人のスタッフがいる。

canonical社中国大陸責任者の於立強氏は、現在中国大陸には3名のスタッフがいて、主にビジネスと技術のサポートサービスを提供しており、今後6ヶ月でさらに技術スタッフを増やしていく計画であると語った。説明によると、中国大陸のPP Live, QQ, 迅雷などの独立系ソフトウェア開発ベンダー(ISV)との協業を強化し、それらのソフトウェアをUbuntu Os上で動作させるようにしていくとのことだ。Canonical社が支援しているUbuntuは単なるOSなだけでなく、よく使われるソフトウェアを集積し、ユーザーがインストール直後すぐに使えるようにもしている。

Jon Melamut氏はまた、今年の年末に、いくつかの中国国内パソコンメーカーからUbuntuプレインストールパソコンが出荷されるだろうとも明かした。現在、中国市場では、オンライン販売でUbuntuプレインストールのコンピュータを買うことができるのはDELL社の1ヶ所のみだ。

Canonicalおよび運営維持をしているUbuntuコミュニティは継続して無償ダウンロード, 自由な利用およびその他利用者へのサービス提供を継続するが、Canonicalの収益モデルはビジネスユーザーとコンピュータベンダーへの技術コンサルタント、カスタマイズ開発, トレーニングなどのサービスから成り立っている。

長年マイクロソフトを使い慣れてしまったユーザーには、Ubuntuは馴染まないかもしれないが、Ubuntuは現在世界でもっとも人気の高いLinux OSで、特に個人が利用するデスクトップOSとして、中国および世界に”烏邦図(※訳者注:Ubuntuの漢字表記)”ファンが非常に多い。本社が英国にあるCanonical社は、Ubuntuのビジネススポンサーで、Ubuntuコミュニティの運営およびUbuntuの技術コンサルティング, カスタマイズ開発, トレーニングビジネスを提供する企業である。ファンたちが大きな期待を託す新しいインターフェースデザインを採用したUbuntu 9.04正式版は4月23日に正式リリースされる。


【書評】
Canonical社がついに中国大陸に進出するとのことである。中国は当Blogでも再三取り上げているが、海賊版ライセンスの利用に対する対策を強化しだしている。その中、正規版にするならWindowsではなくLinux(または類推するもの)と言う気運もちらほら見られる。Ubuntuは基本的にOSはタダで利用させ、その技術サポートなどで収益を得ていくモデルであるが、中国というより今後のソフトウェアビジネスモデルにはマッチしているのでは無いかと考えている。PP Live, QQなど中国で人気の高いソフトウェアベンダーとの協業も進んでいるようであるし、今後が非常に楽しみである。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。