スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済の悪化はオープンソースを企業のIT支出の新しい選択肢にする

今回の元ネタはこちら
『经济环境恶化开源软件成企业IT支出新选择』

【翻訳文】
科学技術系のバブル崩壊によって、綿密に計算する技術会社は最小の浪費で多くのことをしないといけない。2001年と2002年に、インターネット証券会社のE*Tradeは、インターネットからダウンロード可能な無償ソフトを利用することにより、彼らのIT予算を1/3に減らしたことがある。2002年の末には無償のオープンソースソフトを利用することによって、1年間で1,300万ドルを
節約することになった。

現在、2001年の経済的困難がまた起ころうとしている。各企業はまたIT支出削減の圧力に直面している。市場調査会社IDCによると2009年のIT支出は0.9%縮小されると言われている。ChangeWave Researchによると2008年末の状況はさらに不景気となり、企業のソフトウェアへの支出は激減すると言われている。調査対象の1,841件のソフトウェアユーザー企業の40%が、今後3カ月間で同社のビジネスソフトウェアの支出を削減すると表明している。


予算削減はユーザーにオープンソースへの興味を刺激する

財布の紐を閉めることは一部の企業をオープンソースソフト採用を促進する。オープンソースはすでに、企業のサーバー運営、データベースシステム、さらにはコラボレーション、顧客関係管理、サプライチェーン管理などに幅広く認可され使用されている。これはオープンソース企業への投資にもよい兆しだ。オープンソースベンダーはフリーソフトウェアを利用する企業の運営補助、新しい機能の追加などで収入を得ている。


オープンソースのビジネスモデル

オープンソースソフトウェアは、公開・共有されたソースコードでソフトウェアを利用するのが一種の開発方法だ。いかなるオープンソースソフトウェアの開発も通常、ある1つの企業として行われるのではなく、全世界の数千人の開発者、ソフトウェア開発者コミュニティ単位などで行われる。企業は通常より少ない利用料でオープンソース製品を利用可能だ。

最大のオープンソース商業ベンダーであるRedhatは、2月の事業年度末、同社の売上高は5億ドルを越えた。その中で最も広く使われている製品であるRedhat Enterprise Linuxは 250万の有料ユーザーがいて、ユーザーはソフトウェアのアップデート、サポートサービスなどを利用可能だ。

ビジネスサーバー上で運用されているLinuxは企業が一般的に使用しているオープンソースソフトウェアの1つだ。Gartnerが今年の9月に274社に、現在すでに利用しているか今後12ヶ月以内に導入の予定があるかを企業に調査したところ、52%の企業が既にオープンソースを使用していて、残りの23%も今後12ヶ月以内に利用することが分かった。LinuxはOSの1種としてエンタープライズアプリケーションの中で安定的な地位をまだ築けていない。今回の調査で調査対象の39%がLinux OSを使用している;別の22%は来年にLinux OS を使う見通しがある。

経済の更なる悪化により、IT支出は苦しい立場に追い込まれて、企業は支出を削減するので、オープンソースを独自に利用したり、オープンソースの仕事を支持するかもしれない。


既存のオープンソースユーザーはオープンソースアプリケーション推進を継続

多くのアナリストは、現在オープンソースソフトウェアを利用しているか将来的にコストを削減しようと準備している企業は、有償もしくは無償のオープンソースソフトウェアを推進していくと考えている。

一部の企業にとってオープンソースの利点はコスト削減の範疇を越えている。オープンソースはエンジニアにより少ない時間の浪費で、より多くの技術研究向上をもたらす。オープンソースソフトウェアの利用はシステムを更に安定させ、運営コストを更に廉価にし、企業の競争力を高める基礎となるだろう。


【書評】
昨今の金融不安は様々な国、企業に影響を及ぼし始めている。そのような状況であれば、当然、IT予算に対しメスが入るのが当然で、その解決策としてオープンソース製品は非常に有用な化いける手段である。日本でも中小企業のオープンソース化成功例として、次のようなものがある。『ヒトもカネもなくともシステム内製はできる』OSSソリューションを販売する立場としては複雑な心境だろうが、OSSを積極的に取り込んだ素晴らしい事例であることには違いない。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。