スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sunは中国でオープンソース普及の風を巻き起こす

今回のもとネタはこちら
『Sun在中国掀起开源普及风』

【翻訳文】
Sun中国は”主席教育官”と言う職位を設けたが、聞くところによるとこの職位はトレーニング部総監督から変更されたもので、新しい職位名称はSunがトレーニングを更に重視し、方向性、手段などが更に多岐に渡っていくことを意味している。”SunトレーニングDAY”と言うのはこれをよく表している表現である。


教育は一種の文化

記者の視点で見て、トレーニングと比べ、”教育”の二文字は文化の伝搬普及を表しており、商業上の意味ではブランドが持つ内包性の伝搬である。実際、一昨年、张瓒氏がSun中国の第一教育主席官になった後、確実にSunのトレーニング業務は大きな影響力を持つ訓練になっている。

この様な背景のもと、张瓒氏と彼のチームは”Sunトレーニング開放日(SLS Day、Sun Learning Services Day)”と言う社会的活動を画策した。2007年の第1回”Sunトレーニング開放日”は成功を納め、参加者が多かっただけでなく、Java、SolarisなどのSunの技術ブランドを効果的に広めることができた。

”2009年米国本社も同様なことを計画している”と张瓒氏は誇らしげに言って、中国本土から生まれた市場へのインスピレーションは欧米諸国から知られることになるだけでなく、米国本社でも模倣されるものになった。

実際、去年のSunトレーニング開放日の活動は多くの愛好者の自由な参加と平等な対話を重視したため、その影響力と親和力は業界で高く評価され、Sunのトータルブランドの更なる有力なポイントとなった。

”会社の私に対する査定はブランド影響力と業績の2つが考慮されるようになった”と张瓒氏は記者に語り、彼のコミュニティへのトレーニングは急速に影響力を広げる1つの突破口となり、同時に将来マストレーニング方式は新たな利益の源泉となるだろう。张瓒氏がリードするトレーニング部は社内スタッフ、チャネル、顧客およびコミュニティの4大トレーニング普及の仕事に区別されている。

その中で、Javaの世界的な認知力のもと、コミュニティへのトレーニングの普及は高速な発展の勢いを見せており、”一昨年、トレーニング部においてチャネルと顧客の業務比率は99%を占めていたが、ここ2年でコミュニティへのトレーニング業務比率は既に50%まで上昇しており、その正調の勢いは依然として強い。”

Sunの組織構造の中では、张瓒がリードするトレーニング部はSunのソフトウェア事業部に属し、Sunのソフトウェア事業部はサーバー機、ストレージと並びSunの三大事業部である。张瓒氏が嬉しいことは、彼がリードするトレーニング部はSun社の中でも目をみはる高成長な利潤があがる中心的存在であり、徐々にSunのオープンソースソフトウェアの進出の急先鋒的な存在であることだ。
张瓒氏は、今年のSunトレーニング開放日は12月18日、19日と21日、22日に深圳と北京の2拠点で開催される。今回のトレーニング活動は更に詳細にも注力する、例えばブロードバンドインターネット、会場の大きさ、カリキュラムの設置などだ紹介する。

“トレーニング方式では、我々は今回'Second Life'のオンライン生活様式に重点をおいて設計する。SunはSecond Life内のある小島に各種内容のトレーニング区画を開設し、Sunのトレーニングパートナーである南京大学ソフトウェア学院などもトレーニング教室を開設する。我々は徐々に対話型のカリキュラムを豊富にし、楽しませながら教えるようにする”と张瓒氏は話す。

昨年の経験で、Sunはイベントへの学生参加比率が60%にもなったことをしった。そのため、今年の”Sunトレーニング開放日”は特別奨励項目を2つ追加した。マンパワー部の略歴書の回収活動で、その中で既にSunのマンパワー部は独自所有しており、その中からふるいにかけられた優秀な人間の簡易略歴書を深圳、福州、蘇州、北京、大連などのソフトウェアパーク人事管理部門と交換しあっている;2番目は奨学金プログラムで、現場でJavaコンテストが開催され、優勝者は一週間のSun認定インストラクター養成の無料SCJPトレーニングを受講できる。

トレーニングで注目される点は、去年人気だったJavaを除くと、Sun新入りのMySQLが該当する。


MySQLトレーニングの加速

今年の年初、Sunは10億ドルで気前よくMySQL(社)を買収し、一時的にオープンソース業界の話題になった。今年の8月に双方の統合が完了したことにともなって、张瓒氏は将来MySQLのトレーニング体系の計画が整い、中国のビジネスプロセスでMySQLが加速することを確信している。

北京万里オープンソースソフトウェア有限公司はもっとも早くMySQLの中国パートナーとなり、ずっとMySQLの中国市場推進のマーケティングを担当してきて、現在では万里オープンソース社はMySQL中国のプラチナパートナー的な存在である。

万里オープンソースの技術サポート部門高級マネージャー吴嵩氏の紹介によると、MySQLはオープンソースデータベースの代表とされており、たくさんのユーザーと愛好者を保持しているが、多くの人はそれに対し誤解、例えばMySQLデータベースは規模が小さく、単一機能でなど、をしておるが、実際はMySQLは自身のクラスター技術、複製技術、総合的なデーターベースソリューション製品を利用していて、既にエンタープライズ級のMySQLを構築しており、キャリアグレードのアプリケーションやオンライン業務アプリケーションにも十分対応可能とのことである。

"我々も’Sunトレーニング開放日'の利用を望んでおり、MySQLの知識や応用スキルを広めたいし、主要な目的はユーザーアプリケーションの奥行きをあげ、MySQLのバリューを高めていきたい”と吴嵩氏は話す。

吴嵩氏は実戦経験を結びつけ説明する、MySQLの活躍や新機能群などを教え、MySQLのアフターセールスサービスサポート体系、ストレージの利用、パフォーマンスの最適化、MySQL Clusterの詳細解説などユーザーの関心の高い事項を紹介し、同時にMySQLの最新ソリューションも紹介する。記者のSunのオンライントレーニングでの興味は、MySQL主要カリキュラムの三つにある:MySQLエンタープライズ版製品の新機能、MySQL Clusterの解説とMySQLのパフォーマンス最適化の実戦。

しかしわかっている、中国語版のMySQLはグローバルDBAとDBVの認証を取り入れていないが、ただ認証の標準化作業をローカライズするにすぎない。この問題は张瓒氏リードのもと、だんだんとSunのトレーニング認証体系が融合し解決していくだろう。


【書評】
Sunが中国で攻勢を強めている。先日も政府に対し災害対策用ということでコンテナ型データセンターを寄贈したり(関連記事)、また、先ごろSunは世界的な人員削減を発表したが(関連記事)、中国は対象外と言うニュースを発表している(関連記事)。中国市場+オープンソースと言うキーワードを本格始動しているのであろう。筆者は常々Sunのユーザー、コミュニティ構築能力は高い、と考えている。MSなども上手くしているように見えるが、どこか商売っ気が先行して見えてしまうが、Sunのそれは入り口は非常に入りやすくし、気づくと虜にされ、いつのまにか財布の紐も緩めている、というスタイルだ。これは、非常にオープンソースのスタイルとも似通っており、今後のSunの中国オープンソース市場での動向には注視していきたい。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。