スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google Pythonのパフォーマンスを改善する新プロジェクトを発表

今回のもとネタはこちら
『Google公布新项目将改进Python的性能 』

【翻訳文】
GoogleのPythonエンジニアが新しいプロジェクトを発表した : Unladen Swallow、その目的はPythonプログラミング言語のパフォーマンス向上にあり、この向上で実行ライブラリーの速度を5倍まで高めることができる。このプロジェクトはCPythonの実行ライブラリーの一部として実現され、これは通常のPythonプログラムとオリジナルの拡張で完全なネイティブ互換を実現している。

これは最終的にPythonのパフォーマンスを全体的に向上する。 Unladen Swallowプロジェクトの目的はLLVM(ローレベルバーチャルマシン)コンパイラ基盤アーキテクチャを利用してJIT(リアルタイム)コンパイルエンジンを作成でき、このエンジンはPython自身のバーチャルマシンと置き換えられる。この計画はPythonをレジスターベースのバーチャルマシン上に移行させることを可能にするのと、未来の最適化への道を切り開く。

LLVMを採用することはPythonをその他言語との統合と言う扉が大きく開き、そのため基盤のLLVMミッドレベルエージェントは言語に対し大規模な範囲で中立性を保つようになる。

詳細はこちらにアクセス : http://code.google.com/p/unladen-swallow/wiki/ProjectPlan


【書評】
筆者自身も初めて知ったのだが、GoogleとPythonには昔からつながりがあるようだ。Pythonの作者Guido van Rossum氏がGoogleで働いていたり(関連記事1関連記事2)、またそれ以前からも広く活用していたそうだ。Googleでは広くオープンソースの品質向上、開発にも貢献しているが、Pythonの高速化をすることにより、広く使っている自社の利益にもなり、コミュニティにも貢献できると言う、とても良いモデルが成り立っている。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。