スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Novellは仮想化市場に全力投球

今回のもとネタはこちら
『Novell全力挺进虚拟化市场』

【翻訳文】
NovellはZENworks製品ラインナップを発表し、まさに仮想化市場に全力投球し、絶えずイメージアップをしていく。

去年の2月、Novellは2.05億米ドルを費やし長期に渡り仮想化サードパーティソフトウェア市場で主に活動していた著名ベンダーのPlateSpin社を買収した。PlatSpinは広範なブランド認知度と人気の高い仮想化製品ラインナップを保持している。この買収はNovellがさらに一歩仮想化市場に入り込んで行くのに多いに役立った。

数か月前、同社はZENworks Orchestrator製品のブランド名をPlateSpin Orchestrateに改名した。そのわずか3ヶ月後、NovellはPlateSpin Orchestrate 2.0をリリースした。

同社はPlateSpin Orchestrate 2.0のコア機能を積極的に販売促進しているが、例えば次のようなものである :

Suse Linux Enterprise Serverはこの機能を統合した : 何種類かのバーチャルマシンの管理プログラムサポートを強化し、マイクロソフトのHyper-V, VMware, ESX, ESXiおよびXenをサポートするようになった。

・VMwareをネイティブサポートし、VMware vCenterを利用してESXベースのバーチャルマシンを管理する必要がなくなった。

・シンプル, 直感的, 使いやすいインターフェースは多くのベンダーが提供するバーチャルマシン管理プログラム技術の複雑なバーチャルフレームワークを手動で管理する手間を簡略化した。

・LDAPサポート機能は、業界をリードするユーザーディレクトリを直接統合し、ユーザー管理を容易にした。

・先進的な自動化の構造は、ユーザーが定義したイベントやトリガーをベースにしている。

・拡張性を大幅に増強し、何百ものバーチャルマシンのホストに対しサービスが可能となった。

しかしこれよりも注目に値するのはNovell ZENworks Application Virtualization バージョン7で、Novellのこの仮想化プラットフォームのアプリケーションが世に出たのはNovellとXenocodeのOEM契約のおかげである。この最新版のプラットフォームとNovell ZENworks構成管理(Novell ZENworks Configuration Management)ソフトウェアは統合され始めている。

この最新バージョンのおかげで、ユーザーは迅速にアプリケーションパッケージを安全にインストールでき, 独立したプログラムの実効が可能になり、伝統的なインストールは不要となり、Windows Vista, Windows XP或いはWindows 2000など任意のワークステーションに配布することが可能で、しかも順調に運用できる。

同社の全体的な端末管理の一部分として、ZENworks Application VirtualizationはユーザーがZenworks構成管理で登録されていない仮想アプリケーションを運用できないよう制限することを可能にする。

ユーザーは現在レガシーアプリケーションを仮想アプリケーションに変更することもでき、互換性の問題を解消しその他アプリケーションへの干渉を防ぐことにも役立つ。

Novellは現在仮想化という急行電車で、全速力で前に進んでいる。


【書評】
Novellが仮想化ソリューションに今後も全力を注いでいくという。以前のBlogの書評でも書いたが戦力の集中、Red Hatとの差別かという意味で仮想化は同社に取って非常に利にかなった戦略と言える。
また、仮想化ソリューションにおいては、当然ではあるが仮想化ソフトウェアそのものも大事であるが、それ自体を管理していくツールも必要である。と言うのも仮想化ソリューションが浸透していくに連れて、様々な仮想化技術が同じ企業/団体の中で用途別に使われる可能性が出てくるためだ。ソフトウェア配布ツール共々Novellの仮想化への総合取り組みには注目である。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。