スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス警察 : Ubuntuを採用し数百万ユーロを削減

今回のもとネタはこちら
『法国警方:采用Ubuntu我们省下了数百万欧元』

【翻訳文】
フランス国家憲兵隊本隊は、彼らがマイクロソフトWindowsの代わりにUbuntuを導入したことによって、既に数百万ユーロを節約したと発表した。フランス警察は2005年からオープンソースソフトウェアへの移行を開始しており、当時彼らはマイクロソフトOfficeの代わりにOpenOfficeを採用していた。その後FirefoxとThunderbirdを含め、オープンソースソフトウェアを徐々に採用していた。

2006年にマイクロソフトがWindows Vistaをリリースした後、彼らは一歩一歩Windowsシステムを淘汰していき、Ubuntuを採用していった。最近の導入としては、彼らは既に5,000台のワークステーションにUbuntuを導入した。彼らは年末までに15,000台のワークステーションを導入する計画である。彼らは2015年までに、警察システム全体の9万台のワークステーションすべてにUbuntuを導入する予定である。


【書評】
フランス警察がWindowsのバージョンアップではなく、移行を促進していくとのことである。Ubuntuは先の記事でもふれたが(参照記事)、一般のパソコンユーザーにも充分な使い勝手であるし、一般的なビジネス用途としてのWeb閲覧、メール、Officeなどであれば遜色はないし、Windows Vistaなどと比べれば、明らかにコストパフォーマンスに富む。日本においてもデスクトップLinuxを地方自治体などにと言う取り組みは数年前から始まっているが(関連記事)、実効性はマダマダの感がある。不況のこの時期自治体も例外なく、IT予算の削減を余儀なくされるであろうから、ここを逆手にとりシステム移行の具体性を検討していくのが吉ではないだろうか。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。