スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OSBFクラウドコンピューティング向けサービスの新しいプラットフォームISBを発表

今回のもとネタはこちら
『OSBF推出面向云计算服务的新平台ISB』

【翻訳文】
海外メディアの報道によると、オープンソースビジネスファウンデーション(OSBF)はあるプラットフォームを展示したが、このプラットフォームはクラウドコンピューティングアーキテクチャにサポートを提供するサービスで、これによってJAVAと.NET間の架け橋が建立されることが期待される。

Javaと.NETの融合と言う魔法のツールはInternet Service Busであり、略称はISBで、それは企業あるいはサードパーティの開発者がサービスとして利用するオンライン上のWebアプリケーションプログラムを1つに統合することを可能にする。

開発者はISBを通して既存またはアプリケーション作成での実際のテストコードを取得あるいは利用でき、ISBを通してJavaと.NETを何度も切り替えられる。

クラウドコンピューティングは今後数年間コンピュータ分野を支配していく見込みであり、オープンソースビジネスファウンデーションの人員は今がまさにこの基礎技術をユーザーに推進していく時だと信じている。

”クラウドコンピューティングは未来を代表しているので、だからこそ我々は2つのプロジェクトに着手している -- それはISBとアイデンティティネットワークサービス(Identity Network Service)で、その2つはともにユーザーのニーズに重点を置いている”、とOSBF協同プロジェクトチームリーダー兼マイクロソフトドイツ プラットフォーム戦略部責任者のAndreas Hartl氏は語る。

Hertl氏は続けてISBは異なるサービスを相互にやりとりすることを可能にさせると語った。幸いなことに、ISBのこの機能は開発者とユーザーが始めてクラウド環境に到達した時からこの様なサービスの組み合わせを享受できるようにできる。

木曜日のドイツCeBIT総会上で、OSBFは来場者に対し単独のWebプログラムが如何に異なるデータソースからの患者データを維持しているかを展示した。スタッフは看護士が如何に暗号化された患者の個人データを取得するかを実演していた。

ISBはSOAベースで作られたオープンソースプラットフォームSopera上で、Javaと.Net世界の架け橋を提供した。上記の看護士の例の中では、このプログラムはブラウザ上でOpen-Xchange, Microsoft Exchange, Microsoft Virtual Earthを統合していた。

OSFBの人員は、新しいプラットフォームは技術的な優位性を持っているだけでなく、ソフトウェアメーカーとホスティング会社にクラウドベースを利用したビジネスモデルに柔軟性に柔軟性をもたせることができるだろうと語った。

現在、OSBFのプロジェクトチームにはマイクロソフト, 1&1, Corisecio, OpenXchange, Soperaなどが含まれている。


【書評】
Open Source Business Foundation(オープンソースビジネスファウンデーション)は元SuSE(現Novell) 社CEOのRichard Seibt氏が議長を務めるドイツのニュルンベルグ市を本拠にドイツ、ヨーロッパで活動をしている団体である(関連リンク)。本文途中に名前が出てくるマイクロソフトも2008年5月に同組織に参加したようだ。ここの特徴としては上記のようなプロジェクトの遂行の他に、オープンソース企業の支援コンサルとしてビジネスプラン作成支援、投資家とのマッチング、技術アドバイスなども提供しているそうだ。オープンソースビジネスが活発になってきており、中小企業も多数参加しているが、機会がなく埋もれている企業は、ごまんとあるはずでこういった団体が中国・日本をはじめとしたアジアにも設立が望まれる。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。