スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Palm webOSのカーネルはLinuxを全面使用したWebKitである

今回のもとネタはこちら
『Palm webOS的内核为Linux全面使用WebKit』

【翻訳文】
米国Palm社は”2009 International CES”で見学者に対し開発中の携帯電話”Palm Pre”を展示していた。筆者はせっかくなので前にいき紹介を聞いてみた。

紹介からわかったのは次の内容である。まず、OSはLinuxカーネルを採用しており、HTMLとCSSなどレンダリングはWebkitを使用している。Webブラウザだけでなく、すべてのプログラムの実行にはWebKitを利用している。この点は、米国Googleが開発した”Android”と同様である。

そのほか、Palm Preが採用しているマイクロプロセッサは米国テキサスインスツルメンツ社の”OMAP3430”である。英国ARM社のCPUコア”Cortex-A8”と英国Imagination Technologiesのグラフィックコアカーネル”PowerVR SGX”を装備している。

非接触型の充電器とPalm Pre は磁石を使用しており、位置がずれないようにできる。充電している最中に電話が入った場合、携帯電話を取り上げるだけで通話が可能だ。通話の途中で充電器の上に携帯電話を置いた場合、自動でSpeaker Phoneに切り替わる。このような細かな操作性が十分考慮されている。


【書評】
最近、富に中国では携帯電話関連の話題は多い。Android, iPhone, Symbianなどに加え、最近は3Gライセンスが通信業界再編後の各社に発給された(関連記事)。今後、それらを取り巻くソフトウェア, サービスなどが本格的に出現してくるであろう。2009年の中国オープンソース業界は携帯電話またはスマートフォン周りにも要注目である。
スポンサーサイト

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

EU が再度IE ブラウザをマーク マイクロソフトに重罰を準備

今回のもとネタはこちら
『欧盟又盯上IE浏览器 准备重罚微软』

【翻訳文】
EU 委員会は金曜日に、マイクロソフトのWindows OS にバンドルされているIE ブラウザがEU の公平な競争法に違反していると主張した。

聞くところによると、EU 委員会は既にマイクロソフトに対し”異議声明”を出したとのことだ。この声明の中で、EU 委員会は既に初歩的な共通認識は持っており、WindowsにバンドルされているIE ブラウザはその他ブラウザ製品の公平な競争を抑制してしまっていると考えている。

この声明に対して、マイクロソフトは8週間以内に答申を行わなければならない。もし”異議声明”にある内容が最終的に事実だと証明された場合、EU はマイクロソフトに対し罰金制裁を行うことになる。同時に、このマイクロソフトへの要求で不適切な行為が即時中止されたら、ユーザーの選択肢の幅が戻ってくる。

これに対し、マイクロソフトは、現在この声明を精査しており、公聴会開催要求の可能性を排除しないと述べた。以前にも、マイクロソフトはPC 市場における主導的地位を乱用したとして10数億ユーロの罰金を受けている。


【書評】
マイクロソフト V.S. EU の話しである。この因縁(?)の対決は2004年のMedia Playerに対する制裁を皮切りに実に足掛け5年にもなる(関連記事)。今回の件も、海外で数多く報じられ、関心はやはり高いようだ(関連リンク)。もちろん、公平, 公正な競争が行われない環境は排除しなければならないが、行き過ぎな政策, 規制はメーカーの成長を阻害する可能性もある。今後の展開に注目していきたい。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

中標軟件安全管理システムソリューションを推進

今回のもとネタはこちら
『中标软件推安监系统一架式解决方案』

【翻訳文】
科学技術による警備強化の推進、公安のデジタル化、科学技術による警備強化戦略実施の遂行、警備隊の戦力を高めるため、広東省は公安ビデオプロジェクトを開始した。近日中に中標軟件の中標普華シリーズが選択され、中国の安全管理システムのための成熟した容易なソリューションが用意される。

公安のビデオ監視は公安の邪悪を見抜く部門で、広東省の公安はビデオ監視システムの構築は、犯罪行為の予防と取り締まりに対し、社会の治安管理を強化し、突発する事件の処理、社会の安定維持、など重要な意義があることだ。最近、”平安梅州”プロジェクト開始の調印式が梅城で行われ、説明によると、個のプロジェクトはいくつかのステップに分け実施されるとのことだ : 第一ステップは一級都市の監視センターと梅江区, 梅県の監視センターの関連データプラットフォームの構築を完成させ、まずは重点的に市街区の重要な場所, 事件多発地域, 交通の要路, 人員が複雑な場所などを監視する ; 第二ステップはその他各県, 二級都市の監視センターを各重要部門, 重要な場所のビデオ監視構築を完成させる ; 第三ステップはその他各郷鎮などのユニット, 街道の治安のビデオ監視システムを完成させる。全体のシステム工程は2010年には完了する見込みである。

このプロジェクトでは、中標軟件の中標普華シリーズが優秀な性能をよりどころに前面に出てきて、今回のビデオ監視システムプロジェクトの唯一のOS プラットフォームとして選択され、中標普華”一式”に含まれる中標普華関連製品を提供し、キー分野における成功を国産OS として充分に体現した。現在広東社会治安ビデオ監視プロジェクトは茂名, 梅州において完了し、使用されているサーバーOS はすべて中標普華Linux OS シリーズ製品である。

中国のLinux OS 分野の旗艦企業にとして、中標軟件は市場ニーズを製品設計理念として終始維持して、その他ソフト, ハードウェアベンダーと密接に協力し、製品の使いやすさを維持してきた。中標普華シリーズ製品は政府, 公安, 教育, 金融, エネルギー, ホテルなどの業界で広範に使われており、ユーザーの評価を充分に得ている。

今回中標軟件が安全監視システムに提供したソフトウェア製品一式はもっぱら業界のユーザーはソフトウェア製品のセキュリティに対する高い要求が求められるが、販売, 製品トレーニング, 技術サポートから販売後のサービスにいたるまでの一式のソリューションを作り出せたため、国産ソフトウェア販売モデルの新しい道を切り開いた!


【書評】
最後は宣伝モードになっているのは、関係者の投稿によるものであるからだろう。ただ、以前何回か当Blogでも紹介したように中標軟件は次々に事例を発表している(関連記事1関連記事2)。Linux/オープンソースが幅広い分野で使われていくのはクオリティの向上につながる点でも喜ばしいことである。今後はよりミッションクリティカルな分野で使われ、揉まれさらにクオリティが向上し、より安定したセキュアなシステムとなっていくであろう。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

2009年 : Railsは積極的に改善される

今回のもとネタはこちら
『2009年:Rails将积极改进』

【翻訳文】
Rails 2.3の性能と記憶メモリーの最適化

今月Railsは多くの機能アップグレードとMerbネットワークフレームのマージが行われた。私はRuby on Rails Webアプリケーション開発フレームワークにとって、2009年は忙しい1年になると信じている。

まずオープンソースRailsフレームワークのバージョン2.3がリリースされ、このバージョンはカスタマイズテンプレートとメモリー性能が最適化され、Rubyの書き込みにもっとも依存する部分の性能があがった。Rails 2.3にはHTTPダイジェスト認証とあるAPI認証が備わっている。

Rails 2.3は早めにMerbの長所を取り込み、Rails 3.0は5月ごろの完成を計画しており、マージ後のMerb-Railsとしてリリースされるが、バージョン2.3はそういった意味ではバージョン3.0の前奏みたいなもので、Merbから性能アップがもたらされた。

例えば、Rails 2.3のrespond_toブロック機能は、アプリケーションプログラムが単独のHTML, XMLあるいはJavaScriptの要求にレスポンスすることを許可するが、従来のバージョンより8%早くなった。

バージョン2.3のその他変更はMerbには無関係である。例えば、新たなテンプレート機能では多くのテンプレートを作成する具体的な機能が加わり、プラグインのように、空の受け口が1つあるだけではない。プラグインを追加することができ、例えば、RSpecフレームワークを確保するためにデフォルトのユニットフレームワークがアプリケーションプログラムをテストするのではなく、ページ番号注釈プラグインもテンプレートに追加することができる。

バージョン2.3のフレームワーク機能はインフラを共有する役割を果たし、これは異なったRubyフレームワークの同時運用をさらに簡単にさせる。例えば、開発者はRailsプロジェクトにおいて更にコンパクトなSinatraフレームワーク上のアプリケーションプログラムで構造を追加できる。

バージョン2.3のRails Metal機能は開発者に直接Rubyの書き込みアプリケーションプログラムのある部分を利用させることができ性能をアップさせられる。Rails Metalは基本的にはRailsのアセンブラーであり、すべてのプリセット機能を破棄することができ、このように通常ある小さな部分のアプリケーションプログラムを加速させるために[ it ]を使用することができる。


Rails 3.0はMerbの利点を吸収

バージョン2.3の優れた機能と同様に、Rails 3.0では更に大きなアップグレードが見られる。5月に、ラスベガスで行われるRails Conf上で候補のバージョンがリリースされる予定である。

Rails 3.0はMerbでの努力を十分に利用する。RailsとMerbのマージもお互いの目標が一致していることを彼らが知っていたためだ。

すべてのMerbメンバーはRailsの開発者であり、彼らはMerbを作成したのは、彼らが一連の興味ある問題をもっていたためであり、それは性能の最適化とRailsフレームワークの不可知論に関連したものである。例えば、Railsはオブジェクトリレーショナルマッピングについてはアクティブレコードを利用しており、さらにMerbの支持者はDataMapperあるいはSequelを利用したがっていた。

Rails 3.0はMerbに変化をもたらし、フレームワーク不可知論はRailsが偏重するデフォルト設定理念を統合する。Merbはプラグインの拡張を通してRailsがAPIをリリースする方法をマージすることを希望している。

現在、Railsのプラグインについては、良くない生態系が既に人々を信じがたくさせている。明確なAPIが不足しているため、Railsが更新される際、プログラムは往々にして規則に反してしまう。Merbがもたらしたものとしてはマッピングブラウザが要求する経路選択もある。Merbはこの方面ではRailsよりも多くの選択肢を提供している。

MerbはRailsスタックに尽力している。最初Merbフレームワークが作られた目的はRailsの非同期処理の問題を解決するためであった。当時は、Railsはシングルスレッドのアプリケーションプログラムであり、Railsのプロセス処理を使用すると、例えばファイルアップロードのような操作は許可されなくなった。Merbが最初に作成されたとき、もっぱらファイルのアップロード問題の解決のためであり、その後Railsに満足しない人のある種共通認識となった。

基本的には、RailsとMerbの発展の方向は一致している(MerbとRailsはどちらもRubyから分化しており、両者ともにオープンソースプロジェクトである)。現在のマージはMerbのメンバーがRailsのチームに加入することを選択した。2チームのマージは我々がフレームワークを構築する上で役立ち、さらにこのフレームワークにはRailsとMerbの良い点が備わっている。


RailsとMerbのマージは連鎖反応をもたらす

ネット上にコメントが多数あり、このような競争的な性質を帯びたマージはある程度の批判がある。しかしRailsの顧問Jade Meskillは両フレームワークのマージをすぐに支持し、彼はこのようなマージはRubyコミュニティに団結をもたらすと強調した。競争は間違いなく価値があり、特にこのような分野、このような特殊技術においてはなおさらだ。

Meskillはマージがもたらすメリットとして包括があると見込んでいて、開発言語の一つであるRubyとWebプラットフォームのRailsは更に広範な認知を獲得した。”マージは確実に統一されたものを提供するが、類似プロジェクトを生みだし形成させる可能性もある”、とIDCのアプリケーションソフトウェア開発プロジェクト責任者兼アナリストのAl Hilwaは指摘し、”Merbの価値があがるかもしれない”と付け加えた。


【書評】
Ruby on RailsMerbがマージされていくと言う話題である。Ruby自身は日本で生まれたオブジェクト指向スクリプト言語で、2005年のRuby on Railsで一躍世界にも注目される存在になった。中国でのRubyおよびRuby on Railsの普及はまだまだであるが、フォーラムなどは立ち上がっているので(関連サイト)、2009年、Merbが統合されたバージョン3でRubyおよびRuby on Railsが中国でどう展開されていくのか興味はつきない。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

SMART Notebook 10は現在すべてのLinuxカーネルバージョンをサポートする

今回のもとネタはこちら
『SMART Notebook 10现支持所有Linux核心版本』

【翻訳文】
SMARTテクノロジーズ社(SMART Technologies)はLinux OSの最新バージョンをサポートするSMART Notebook 10ソフトウェアのリリースを発表した。SMART社は現在唯一主要な三大OS(Linux, Windows, Mac)をサポートするホワイトボードソフトウェアを提供するインタラクティブホワイトボード製造ベンダーである。SMART Notebook 10ソフトウェアは現在5種類のLinuxカーネルバージョンをサポートしており、それにはUbuntu 8.04, open SUSE 10.03, Red Hat Enterprise 5.1, Fedora Core 9およびDebian 4.0(Etch) r3が含まれている。SMART Boardはインタラクティブなホワイトボード、Sympodiumインタラクティブデジタルプラットフォーム, AirLiner無線手書きボード, SMARTドキュメントカメラ(作者注:プロジェクタ)などがSMART Notebookソフトウェアに配備されている。

SMART Notebookソフトウェアは1999年からLinux Osのサポートを開始し、このバージョンはLinux互換としては第6世代の製品となる。各プラットフォームの異なる言語で開発する微妙な手直しに加えて、Linux版SMART NotebookソフトウェアはWindowsとMacユーザーが持っているコア機能の適用も提供している。例えば、教師と学生はソフトウェアライブラリーにある学習リソースを検索できる ; SMART Boardインタラクティブホワイトボード上での手書き入力すると、手書き識別機能を利用して手書き文字をデジタルテキストに変換できる。このほか、教師と学生は各種文書をドラッグアンドドロップでコピー&ペーストが可能である。Linux版SMART Notebookソフトウェアは授業に置いてもWindowsとMac版同様に直感的で柔軟性を備えている。Linux版SMART Notebookソフトウェアは現在12種類の言語で提供されている。新しく追加された言語にはイタリア語, フィンランド語, ノルウェー語, スウェーデン語が含まれており、これは既にに世界規模で日増しに広範な利用がされていることを表している。SMART社は2009年にさらに5種類の言語をサポートする計画で、それはアルバニア語, マケドニア語, ロシア語, 簡体中国語とバレンシア語である。

SMART社最高経営責任者のNancy Knowltonは次のように述べた : ”Linux Osは日増しに人気が高まっており、世界で約2900万人のユーザーがいる。SMART社の多くのユーザーはLinuxプラットフォームを使用しており、SMART社は我々のソフトウェアが効果的にそのようなユーザーのニーズを満たすよう努力している”


SMART Notebook 10の新機能

フォームツール - SMART Notebookツールバーを使って簡単にフォームが作成でき、そののちテキスト, 画像, オブジェクトを任意のフォーム内に挿入またはドラックアンドドロップする。特定のモジュールの追加または削除ができ、非対称のフォームを作成する。

オブジェクトのアニメーション効果 - SMART Notebookオブジェクトのフェードイン, フェードアウト,回転などの効果を作成できる。

マジックペン - このツールを利用して画像のハイライト, 拡大, 縮小、あるいは10秒以内に消える注釈などを書き込むことができる。

アクティブアライメント - SMART Notebookのページ形式を設定し、各オブジェクトを正確にアライメントする。

グラフィックペン - SMART Board上で図形を手描きするさい、SMART Notebookは修正された手描き図形と識別可能である。

テーマ : フォント, 背景色と画像のデザイン要素を作成し、それらをSMART Notebookのページに適用させる。

ページのグルーピング : SMART Notebookのページをグルーピングする。ページをページグループ内にドラッグでき、新たなページグループを追加したり、ページビューワーでページグループを見ることができる。

属性 : 新しい属性のタブ内でオブジェクトの線の様式, 効果と動画オプションのパディングを変更する。

その他サポート : 直接SMART Notebookを通じてウェルカムセンターを更新後の教師リソースセンターにアクセスすることが可能。教師のためのリソースセンターは数百の教材とそのリソースを提供し、コースの作成を便利にする。

新しい言語 : 英語, フランス語, ドイツ語, ポルトガル語(ブラジル), スペイン語, バスク語, ケール語, カタロニア語に加えて、このソフトウェアは新たにイタリア語, スウェーデン語, ノルウェー語, フィンランド語のサポートが追加された。このソフトウェアはまもなくアルバニア語, マケドニア語, ロシア語, 簡体中国語, バレンシア語をサポートする。

企業用ツール : SMART Notebook 10はネットワーク上のコンピュータにソフトウェアをインストールしたり利用状況を監視するシステム管理者に便利なツールが含まれている。


【書評】
SMART NotebookはLinuxで動作するホワイトボードソリューションで、日本での展開も行われている。(関連サイト) 日本での小中学校への導入実証実験なども既に行われている(関連サイト)。Linuxおよびオープンソースが文教に導入されて行く際には、こういった実際のアプリケーション、ツールなどの動作が必須である。そういった意味で1999年からLinuxをサポートしていると言うのは先見の明があると言える。今後もデスクトップLinuxの普及にあわせ、このようなツールがどんどん出てくることを期待したい。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

龍芯のノートパソコンが市場に 中国の”コアの無い”時代は終わりを告げる

今回のもとネタはこちら
『龙芯笔记本上市 中国终结“无芯”时代』

【翻訳文】
知的財産権を完全に持っている中国初の高性能汎用CPUチップ龍芯を搭載したノートパソコンが本日正式に市場に発売された。数日前、龍芯のノートパソコン第1号専門店が北京中関村でオープンしたのは、中国の”コアの無い”時代の終結を意味している。オープン当日、記者は国産CPU搭載ノートパソコンを体験できた。


オープンなソフトウェアを基本使用

龍芯は中国科学アカデミーコンピュータセンターが自主開発した汎用CPUで、ずっと無数の人々の関心を惹きつけてきた。

中関村の龍芯専門店内で、記者は、コンシューマ販売に適した製品を2種類みつけ、うち1つは”福瓏”と言う名のミニコンピュータ機で、もう1つは”逸瓏”と呼ばれるネットブックであった。ネットブックはネットブックは8.9インチのLCDパネルを採用しており、重さは約1kgで、高スペックな方は160GBハードディスクで2899元の販売額、低スペックな方は80GBハードディスクで2399元の販売額であった。オープニングキャンペーン期間は元の価格の8.8掛けで購入することができ、これら2機種のノートパソコンの販売価格はそれぞれ2550元と2110元となる。

販売員によると、現在ネットブックが使用しているのはLinux Osで、Windows Osはサポートしていないが、オフィススイートにはopenofficeをベースとした紅旗2000のredofficeが採用してあり、他にも日常的に使われるオープンソースソフトウェアが入っているとのことであった。これはマイクロソフト製品を使っているユーザーは大変な不便を感じるかもしれないが、最近の個人購買者はオープンソースソフトウェアの愛好者が多い。


体験者の評価は一定ではない

記者は体験コーナーで、お昼の休憩時間ころになると見学者は絶え間なく訪れ、その多くは学生のような若い人たちであった。

ある学生のようなお客は体験した後に、 逸瓏がプレインストールしているLinuxはオフィス、学習、娯楽などの日常的なソフトウェアを提供しており、学生の利用に適していて、そのうえ二千元ちょっとというのも低価格で、その他ブランドのネットブックと比較してもある程度の競争優位性がある、と言っていた。

中科龍夢副総経理の呉権林氏によると、開店当初から正午までの2時間あまりの間に、30台近くの龍芯ノートパソコンが販売され、購入者は主に学生であった、とのことだ。

しかし、体験者の中には、龍芯ノートパソコンに満足していない顧客もいた。ある顧客は、ビデオを見たり、映画のダウンロード時間などで満足できないと考えていた。この点について、販売員は、これらの機能を実現しているソフトウェアの開発元米国Adobe社がWindowsをベースに開発しており、Linuxをベースとした関連ソフトウェアを開発していないからだ、と説明した。李国傑アカデミー会員も以前、”この空白に対し、国家が研究開発の投資を増やすことを期待している”と呼びかけていた。


低コストが最大の特徴

インテル社, AMD社の同様な製品と比べて、完全な知的財産権を持っている龍芯プロセッサは低コストと言う優位性を持っている。張福新氏は、現在龍芯は業界ユーザーのカスタマイズ路線を取っており、価格は会社の正常運営のために一定の利潤を保持する必要があるのと、現在はまだ大量生産がされていないため、1台あたりのコストは比較的高い。生産量があがるだけで、コストは千元以上削減可能で、千元PCの目標も今年の年末までに実現されるかもしれない。

”我々は性能を維持する基礎は有しているので、CPUを100元程度で生産しコンピュータを1,000元以内にすることが我々の目標で、我々は”十一次5ヶ年計画”の期間中に実現できると信じている。”と中国科学アカデミーコンピュータセンター李国傑所長はこの様に語り、”このプロセッサのコンピュータを利用して、我々の目標としては7,8億もの農民すべてが廉価なPCを利用し、インターネットにアクセスできるようにすることだ。”

”低コスト, 低価格の利点に加えて、低消費電力も優れた点の1つで、龍芯の2Fの性能はインテルPentium4チップ相当だが、消費電力はわずか3ワットから5ワットで、Pentium4の十分の一だけだ。”張福新氏は、”これは龍芯産業化の始まりに過ぎない。両コンピュータは主に学生向けだ”と語った。彼は、龍夢は小中学校に協力し、例えば江蘇省蘇州市常熟市では、協力して学習教育管理ソフトを開発しており、このような協業を通して、龍芯の販売量を拡大し、生産スケールを確立し、価格を下げていきたい、と明らかにした。

わかっているのは、龍芯専門店が中関村にオープンしてから、中科龍夢は6月には上海と深センに1店舗ずつ体験できるお店を計画しており、この他成都と西安にも専門店をと計画中であることだ。中科龍夢副総経理の呉権林氏は今後も天津に専門店を開業する計画だが、同時に中国の有数な企業との協力関係も排除せず、代理制を実行していく、と語った。彼は、専門店に来店するのが不便な顧客も、中科龍夢のWebサイトで購入できるようになる、と語った。


記者手記 チップ独占の終結

龍芯コンピュータのお目見得は”芳容”を目撃したかのように多くの愛好者をひきつけ、初の国産CPUのノートパソコンに対しては、体験者の評価は一定ではなかったが、皆が一致している観点は、結局のところ中国は完全に自主的な知的財産権を有したノートパソコンを有し、人々を奮起させたので、これは支持されるべき事実である。

最初に市場に出た龍芯のノートブックは異なった評価を得ているが、大多数の体験者は、これは”中国コア”の出発点であることを知っている。”龍芯は海外のチップ大手の独占を打破することになる。”李国傑アカデミー会員のこの言葉は龍芯の意義を総括している。

数多くのプロセッサー応用ベンダーがインテルの難攻不落な独占に屈服してきたが、国産の龍芯は海外大手の独占を打破することは道義上あとには引けない責任と見なし、中国科学アカデミーコンピュータセンターは”龍芯”の戦略を中国情報産業分野の”両弾一星”まで高めていく。 龍芯2号のリリースおよび 龍芯の産業発展には、さらに国民の海外チップの独占に対する対抗心を強めることが必要である。海外のメディアも次のように評価している : 中国が設計する” 龍芯2号”プロセッサーはインテルと競合していく術はないかもしれないが、この製品が利用する技術が示すのは、中国のCPU設計能力は大幅な進歩を遂げているということである。


【書評】
龍芯専門店が北京にオープンしたのは2009年1月7日のようだ(中国語関連記事、写真あり)。手に触れた人たちの反応は様々とのことだが、それは期待するものがそれぞれ違うためで、基本的なインターネット、メール、オフィス利用が主な人々にとっては良い選択肢ではないだろうか。これらの基本作業のみの場合、Windowsでは高価になるのと、OS自体も軽くはないのでLinuxとの相性が良いと考える。夢蘭グループはこちらを用い、農村、地方の学生、低所得者層をターゲットに展開しているとのことだが、共感できる部分も多く今後も注視していきたい(関連サイト)。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

張先民氏 : Novellが市場の成長に逆っているのは偶然ではない 09年チャネル市場を掘り起こす

今回のもとネタはこちら
『张先民:Novell逆市长非偶然 09掘金渠道市场 』

【翻訳文】
インタビューの前、張先民博士はちょうど隣の会議室にNovellスタッフの年間の業績パフォーマンス評価を渡していたが、内部は非常にアクティブな雰囲気であった。

昨日の午後、Novellワールドワイド副社長, 東アジア地区社長の張先民博士はCNET科学技術情報ネットのインタビューを受けた。インタビューでは、張先民氏はCNET科学技術情報ネットに対し、”金融危機の状況の中、Novell中国の2008年の成長率は168%もあり、2009年も中国への投資を更に増やし、Novellは発展の重心を中国に置き、研究開発員も2倍に拡大する”と明かした。

写真はNovellワールドワイド副社長, 東アジア地区社長の張先民博士である。彼は、”Novellは変化し続け、尚且つ既に成長も実現した。Novellは非常に安定しており、経済環境が悪い環境でも悪いときでも関係なく、一歩一歩進んでいくだけだ”と指摘した。

張先民氏は、”重点顧客市場を基本的な突破口にし、2009年、Novellはチャネル市場の展開を大きくし、年末までには25の省でチャネルを確立する”と明らかにした。


成長の秘訣

現在のところ、米国の金融危機の影響を受けて、全世界的な経済危機に発展しており、非常に多くの企業ユーザーに対しても巨大な影響を与えており、多くの企業が予算を縮小し、IT方面の支出を削減しだしている。しかしNovellはこのような特殊な経済情勢の中でも大幅な成長を遂げているので、人々を驚かせた。

これに対し張先民氏は、”金融危機は確かにIT業界の様々な分野に影響を与えているが、Novellが受けた影響は最小限であった。まず、Novellの会計年度は10月に終わっており、当時金融危機はすでに始まっていたが、Novellへの影響、特に中国市場は限定的であった。我々は未来に十分な自信を持っている”と語る。

”中国の成長は、実際はNovellは華為, 中興(ZTE), DELL, マイクロソフトなどの重要パートナーとの綿密な作業とその進捗で利益を得ており、これらが明らかに我々の業績を成長させた。これらの大手顧客との協業収入は、Novell中国の営業収入で大きな割合を占める。”

張先民氏は、”これは中国市場の重要性が日増しに高まっているとも見れる。現在、中国は既にNovellワールドワイドでの最大投資市場の1つとなっており、SUSE Linux発祥の地ドイツに次ぐものである”と強調した。


採用の流れに逆らう

金融危機の発生以来、多くのIT企業が”関わり”を受けており、業績下降, リストラは多くのIT企業の”厳しい冬”に対する常套手段となっている。

2008年11月末に、Novell上級副社長オープンプラットフォームソリューション事業部長Roger Levyが中国に訪問したときCNET科学技術情報に、”2009年、Novell中国の研究開発センターの人間を倍増し、70人規模に拡大する予定だ”と明らかにした。

IT 企業への金融危機の影響が日増しに深刻になっていったとき、Novellは冬を越す計画をだしたのであろうか?この人員募集計画は暗礁に乗り上げてしまったのだろうか?

この点について、張先民氏は、”Novell社は冬を越す計画などしていない、それどころか、我々とって重要なのは採用計画を成功させるための人員確保であり、現在まさに猛烈な勢いで進めており、半分近くにまでは達している”と語った。

張先民氏は、”中国の人材市場の特色を考えてみると - 多くの人が一般的には春節の後に転職を考えているため、我々は故意に職位を残しており、さらに多くの良い人材を採用する”とも指摘した。

一部IT企業の”冬を越す”取り組みに対し、張先民氏は、”Novellは現在十分なキャッシュフローを有しているので、冬を越すことは問題にならない。そのほか非常に重要な点として、多くの企業が経済環境が良いときは、高度成長し、拡張もものすごいかもしれないが、こういう危機は突然やってくるもので、前持った準備ができていないがために、”凍結”せざるを得なくなる。Novellは変化し続け、その上で成長を既に実現している。Novellは非常に安定しており、 経済環境が悪い環境でも悪いときでも関係なく、一歩一歩進んでいくだけだ。”と語った。


09年チャネル市場を掘り起こす

インタビューの中で、張先民氏は、”大手顧客で突破口を開くと同時に、これらは我々の問題でもあるが、これら大型顧客の営業収益に占める割合は非常に大きい”と認めた。

”2009年に、我々はチャネル市場の開拓を拡大し、カバーできる地域を増加させる。我々は2009年末までに、チャネルが25以上の省や都市をカバーできるようにと期待している”

張先民氏は、大手顧客との協業においては、Novellは非常に強い力をもっていて、例えばマイクロソフトとの仮想化での協業、IBMとのメインフレームでの協業、デルとは以前電話営業で大型顧客への交渉において協業し、華為, 中興(ZTE)などとはブレードサーバーなどの分野での協業が
密接である、と指摘した。

”Novellは幾つか戦略上の調整をしていて、これら大手顧客との連携を強化していくのと同時に、チャネル市場の開拓を強化する。これは主に中国市場が大きすぎるためで、大手顧客に関しては、我々は専任の開拓、推進に責任を持つ人員を持つことができ、当然地域市場と中小企業ユーザーに対しても同じ事を行うことができるが、このような場合、コストが高くなり、市場の規律にも適さなくなるので、我々は2009年には更に多くのチャネルパートナーを頼りにすることを決定したのだ”

張先民氏は、”我々は地方の政府, 電力, 通信などを重点的に行うISV,SIを開拓し、チャネルパートナーのサポートとトレーニングに重点も置き、チャネルパートナーとともに更に多くの顧客サービスを行っていく”と語った。

張先民氏はCNET科学技術情報に、”もう1つのポイントとして、Novellは10種類にもおよぶ自社のソリューションを”翻訳”しさらに簡潔にし、チャネルパートナーの推進とユーザーの受け入れをよりしやすくする。たとえば、災害復旧、仮想化、ユーザー認証など顧客ニーズの観点から出た、ありきたりのものだけでなく自社の観点から出たソリューションなども出していく。”と語った。


【書評】
Novellが現在の金融危機の中でも攻勢を強めていると言う。なるほど、不況のときにこそアクティブに,攻撃的にとは言うが中々実行していくことは難しい。ただ、NovellはNetwareの資産もあり中国でも多くそのシステムを見かける。そこにLinux, オープンソースと言う新しい切り口で展開していくことは理にかなっている。また、その展開も自社だけでは当然、できる範囲が限られるのでパートナー戦略を強化していくのは自然の成り行きであろう。いずれにしても2009年、Novellは中国市場において飛躍していきそうである。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

NokiaはQtをLGPLライセンスでリリースすると発表

今回のもとネタはこちら
『Nokia宣布Qt 软件以LGPL发布 』

【翻訳文】
NokiaがQtにLGPLライセンスを追加したことで、Nokiaのプラットフォームにより多くの開発者が集まりやすくなるだろう。それによってGoogle, iPhoneと携帯電話サービスでの競争が展開されていくだろう。

NokiaはQt-4.5のリリースにLGPLライセンスを追加すると発表した。Qtはもともとのライセンス協定は商用ライセンスとGPLライセンスであり、GPLのライセンスはQt利用者にそれらのソースコードを公開することを求めているため、新たなLGPLライセンスは更に自由度を増し、開発・公開する人はQtのソースコードで利用しているものを変更しない場合、自身のソースコードを公開しなくても良くなる。これはQtの開発者が増大するのに非常に有利で、GoogleやiPhoneなどとの競争の中で積極性を増すであろう。


【書評】
ひとくくりにオープンソースと言っても様々なライセンスがある(関連サイト)。代表的なライセンスと言えばGPLであるが、GPLはそのライセンスが適用されているものを利用、改変などをして第三者に提供する場合、ソースコードを開示しなくてはならないと言う義務があり、実際にこれをおこたり訴訟または騒動に発展したケースも多々ある(参考サイト1参考サイト2)。LGPLはそういった問題を緩和させるべく用意されたライセンスであり、特に特許技術などと組み合わせて提供する場合などに歓迎されることが多い。GPLとLGPLの違いについてわかりやすく解説しているサイトもあるので、参照いただければと思う(関連サイト)

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

米国の経済学者が政府にオープンソース開発に援助することを提案

今回のもとネタはこちら
『美经济学家建议政府资助开源软件的开发 』

【翻訳文】
米国の経済学者Dean Baker は月曜日に発行された文書で、米国連邦政府はオープンソースソフトウェアの開発に特別枠の資金を提供すべきで、これは今年度の経済を刺激する重要な手段となる、と発表した。彼は、米国政府は毎年20億米ドルをオープンソースソフトウェアの発展に費やすことができる”と書いた。彼はまたLinuxおよびその他無償のオープンソースソフトウェアにも言及した。

彼の見解では、政府がオープンソースソフトウェアの開発に援助することで、全世界のパソコンユーザーに様々なタイプの無償ソフトウェアを与えることができ、長期的な経済的利益を得られる、と言うことである。ご存知の通り、GNU/Linux, Open Officeおよび大部分のオープンソースソフトウェアは無償だが、それらはその他独立系ソフトウェアと競争をすることになる。多くのオープンソース系ファウンデーションの財政予算を足しても20億の1%にも満たない。


【書評】
国家が開発者を支援すると言う取り組みは、多くの国でも行われ、日本でもIPAを中心に活動が行われている(関連記事)。今回のポイントは経済学者が言及したことにあると思う。現在は100年に1度の不景気と言われていて、周りでも軒並みIT系の開発、投資などは落ち込んでいる。ただ、ITは今後も必要不可欠な存在であることは間違いなく、その中でオープンソースは最重要な選択肢と思う。そのオープンソースを作り上げていく開発者支援は各国政府の重要予算となってもなんら不思議ではない。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

GoogleはAndroidデスクトップシステムでWindows 7に挑戦するかもしれない

今回のもとネタはこちら
『谷歌或推Android桌面系统挑战Windows 7 』

【翻訳文】
北京時間1月15日午前のニュースで、海外メディアの報道によると、オペレーティングシステムの市場において、マイクロソフトのライバルはアップルでなく、Linuxでもなく、GoogleのAndroidかもしれないとのことだ。

直近の2ヶ月、絶えず語られているニュースに、GoogleのAndroid OSがネットブックデバイスへのインストールに成功した、と言うことがある。今月初め、インターネットサイトMobile-facts.com 共同創始者のマテウス・クズコウスキー氏(Matthaus Krzykowski )とダニエル・ハートマン氏(Daniel Hartmann )はAndroid をASUS社のPCにインストールすることに成功した。

まもなく終了する2009年”コンシューマーエレクトリックショー”(CES)において、カリフォルニア州のタッチパネルデバイス会社のTouch Revolution社 は机上型電話の展示を行なったが、同様にGoogle Androidシステムを採用していた。これは人々に先月調査機関のNet Applications 社が発表したあるデータを連想させずにはいられず、それは3分の1近くのGoogle社員が利用しているOS の情報を隠蔽しているという情報だ。

Net Applications社は、これはGoogleが独自のOSを開発している可能性があることを意味していると考えている。Net Applications社マーケティング副社長のヴィンス・ヴィザッツアロ氏(Vince Vizzacarro) は次のように語った : ”もしGoogleがOS の開発をしていないとしたら、私は非常に驚いてしまう。明らかに、Googleはマイクロソフトの束縛から逃れたがっている”

もしGoogleが実際にAndroidのデスクトップOSに基づいて開発を行っているなら、ネットブックのようなものはGoogleがターゲットとする市場に違いなく、と言うのもネットブックにはAndroidのような”軽い”システムが必要だからだ。そのほか、ネットブックの市場は急速に発展しているので、OS市場のシェアを急送にあげることができるであろう。

文字通り、”ネットブック”は主にインターネットとクラウドコンピューティングへのアクセスに利用され、さらにGoogleは非常にGoogle DocsやGMailなど多くの関連サービスを持っている。したがって、技術的な観点に限らず、ビジネス的な観点から言っても、GoogleのデスクトップOS 開発は理にかなっている。

したがって、Googleが将来的にデスクトップOS を出したところで驚くべきことではない。タイミングの面で言うと、マイクロソフトのWindows 7と同時期というのも不可能ではない。その場合は、マイクロソフトにとって一番の頭痛の種となるであろう。


【書評】
GoogleがAndroidを携帯電話、スマートフォンに限らずネットブックを中心にデスクトップOSにまで展開するのではないか、と言う記事である。なるほど、確かにありえる話ではある。と言うのも、以前からGoogleは独自にデスクトップ向けOSをUbuntu Linuxをベースに開発していると言うのは噂されていた(関連サイト)。Androidになるのか、先にあげたGoobuntuになるのか、はたまた使い分けをしていくのかは今のところわからないが、GoogleがOS を近いうちに提供していくであろうことは、ほぼ間違いないだろう。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

PHP 中国でもっとも広く使われているWebプログラミング言語になる

今回のもとネタはこちら
『PHP成为中国应用最广的网页编程语言』

【翻訳文】
2009年1月13日、CNNICは《第23回中国インターネット発展状況報告》を発表した。最新の報告書が示しているのは2008年末までには、中国のWebページの総数は160億にもなり、2007年と比べ90%増加して、PHPのWebページがもっとも多く、第1位に位置し、PHP Webページアプリケーションのカテゴリーがもっとも広範であった。

中国のWebサイト数、すなわち中国国内のドメイン登録されているWebサイト数(国内、国外からのものを含む)は287.8万件にものぼり、2007年と比べ94%増加し、2000年以降ではもっとも急速な成長であった。Webページの増加スピードとWebサイトの増加スピードは基本的には同じである。

0115Blogデータ1


Webページはインターネットコンテンツ資源の直接的な媒体であり、Webページの規模はある程度インターネットコンテンツの豊富さが反映される。2002年以来、中国のWebページの規模は高成長を維持している。

0115Blogデータ2


インターネットアナリストたちは、中国内はPHPのWebページ方式を採用してサイトをつくることは既に主流になっていることを認めており、通常ユーザーがインターネットコミュニティサイトを作る際、あらゆるプログラミング言語の設計を理解してサイトを作る必要はない。Dicuz!フォーラムの例をあげると、ユーザーは簡単に管理・設置ができるだけでなくすぐにコミュニティフォーラムの構築が可能で、最新版のDicuz!7.0はもっとも普及しているインターネット関連製品の1つである。Googleで”Discuz!”と検索すると、299,000,000件もの符合するDiscuz!の検索結果が表示される。百度で”Discuz!”を検索すると126,000,000ページもの関連するWebページが見つかる。Discuz!, UCenter Homeなどの代表的なPHPコミュニティ製品は使いやすさと言う点でさらに改善されるに伴って、中国内でインターネットサイトを構築する敷居は非常に低くなった。PHPは既にもっとも広く使われるWebページプログラミング言語になっている。

2008年12月31日に締め切って調査データの統計を取った。Webページ数のカウントはコンピュータの自動検索を採用しており、抽出したWebサイトのトップページ(WWW+ドメイン名)から検索を開始し、Webページ上のリンクをたどり、当該WebサイトのWebページの特徴及びテキストの内容を採取した。Webページの検索で取得した中国WebサイトのWebページ数とWebページのバイト数に分別し、中国のWebページ総数とバイト数を得た。この総数には同一コンテンツの重複したものは含まれない。静的なページとはURL中に”?”と入力パラメータのページは含まれないものを指し、*.htm, *.html, *.shtml, *.txt, *.xmlなどが含まれる。動的ページとは”?”または入力パラメータを含めたものを指し、ASP, PHP, PERL, CGIなどサーバーで処理するページも含まれている。Webページの更新周期とはWebページ検索時の日付と当該ページが最後に更新された日付の時間差を指している。拡張形式に基づいたWebページの状況分類から見て取れるのは、PHPは24.4%を占め第1位にランキングされ、その次はHtmlが19.4% ; Aspは14.3%だけ, Aspxは4.7%であるということだ。


【書評】
PHPは世界各国でも2,000万以上のサイトで採用されているWeb系のプログラミング言語で、中国ではPHP Chinaと言うポータルサイトが非常に有名で、本文で紹介されたDiscuz!などもこちらで提供されている。PHP China自身はComsenzと言うWeb2.0系の企業が運営しており、最近はマイクロソフトとの提携拡大も発表した(関連記事)。今後Linux上だけでなくWindows上またはその他プラットフォーム上と柔軟性が増していくであろうから、今後も普及速度はますますあがっていくであろう。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

専業ベンダーに取って代わる 低コストだけがオープンソースBI唯一の優位性ではない

今回のもとネタはこちら
『取代专业厂商 低成本并非开源BI唯一优势』

【翻訳文】
一連の買収,統合などの後、総合的なサプライベンダーがBI 業界の主流となり、IBM, SAP, Microsoft, Oracleなどが専門のBI ベンダーに取って代わり、市場を4分割している状況である。しかし、Red Hatは最近オープンソースBI ベンダーのJasperSoftに出資をしたので、オープンソースBI が再び人々の注目を集めている。

Red Hatは数日前シカゴベンチャーキャピタル企業のAdams Street Partnersと共同で、オープンソースBI ベンダーのJasperSoftに総額1,250万米ドルもの投資を行ったが、これは知名度の低かったオープンソースBI ベンダーに脚光を浴びさせた。

JasperSoftのようなオープンソースBI 企業にとって、最近の経済危機は前例のない機会を彼らにもたらしていて、オープンソースの価値はそれらの伝統的な商用ソフトウェアを現在の状況に更に適用させることができ、その比較的低価格で(オープンソースBI ソフトウェアは完全には無料ではない)比較的高い柔軟性で、経済が不景気な環境の中では活力がでてくるので、ユーザーはオープンソースBI への関心を急激に上昇させるのではないかと見込んでいる。

もちろん、低コストだけがオープンソースBIの唯一の優位性ではない。業界で著名な専業BIベンダーが4大ベンダーに買収されたのち、オープンソースBI はユーザーに更に多くの選択肢を提供した。

Bizgres, Openi, Pentaho, SpagoBIなど比較的著名なオープンソースBI スイートは自身のファンを形成しだしている。これらのオープンソースBI ソフトウェアは機能にユニークな特色がある : BizgresはGreenPalm社がリードするオープンソースプロジェクトで、大きな負荷環境における並列計算能力を提供しており、卓越したデータ処理性能を有している ; OpeniはJavaで開発されたWebアプリケーションをベースにしており、リレーショナルデータベースとデータマイニングサーバーに対して分析と報告書の閲覧を可能にし、利用と導入が非常に容易である ; Pentahoはワークフローがコアでソリューション面に重きが置かれたツールコンポーネントではないBI スイートである ; Pentahoは業務プロセスの結合などに偏ったBIソリューションであり、大規模中規模企業に重きをおいたアプリケーションで、その目的は商用BI と競合している ; SpagoBI もjavaを利用しており、とても強い拡張能力を持っている。


【書評】
BI ツールにもオープンソースソフトウェアが適用されだしている。日本のSI ベンダーなどもいくつかそれらをソリューションとして展開しているベンダーも出ているようだ(参考サイト)。BI ツールとなると他との連携が必須となってくるがBizgresなどはPostgreSQLなどとの連携、関わりも深いようだ(関連記事)
オープンソースの適用範囲が広がっていくことは、商用ソフトウェアに独占されている市場の価格体系、品質などを改善していく動きにもなるので、今後も要注目である。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

オープンソースクラウドコンピューティング連盟オープンソースのクラウドコンピューティングの標準を制定

[クラウドコンピューティング] ブログ村キーワード
今回のもとネタはこちら
『开放云计算联盟制定基于开源的云计算标准』

【翻訳文】
現在、IT企業は全てクラウドコンピューティング環境の構築について議論している。しかし、ITの世界がクラウドコンピューティングだらけになった場合、各企業は独立した島としてあつかわれるのであろうか?オープンソース標準は全てのクラウドコンピューティングを互いに相互通信できるようにするだろうか?

これはオープンソースクラウドコンピューティング連盟(Open Cloud Consortium,OCC)が現在正に検討している問題で、この連盟は各大学が組織したもので、その目的は異なる場所に分布するクラウドストレージおよびクラウドコンピュータの性能改善について方法を考えることと、オープンソースのアーキテクチャを推進することで、異なった組織のクラウドコンピューティングをシームレスに運用させることにある。

オープンソースクラウドコンピューティング連盟はオープンソースでのクラウドコンピューティング開発をサポートしており、クラウドコンピューティングにおける標準とインターフェースの制定など様々な種類のサポートをしており、相互運用を可能にさせる。

オープンソースクラウドコンピューティング連盟の会員には米国のイリノイ大学, ノースウェスタン大学, ジョンズホプキンス大学, カリフォルニア大学, シカゴ電信情報技術学院(Calit2)が含まれている。シスコはクラウドコンピューティング連盟に初めて公式に参加している大型のITベンダーで、その他のベンダーも加入の準備をしている。

この連盟の重要な実施事項はクラウドコンピューティングのテスト環境で、テスト環境はシカゴの2ラック, メリーランド州ボルチモア市の ジョンズホプキンス大学の1ラック, カルフォルニア州ラホヤ市Calt2の1ラックで構成され、これらのラックはギガビットイーサーネットで接続されている。

Robert Grossman氏はオープンソースクラウドコンピューティング連盟の主席であり、シカゴイリノイ大学先進コンピューティング研究室(LAC)と国家データマイニングセンター(NCDM)の総監である。Grossman氏と彼の同僚は最近テスト環境を利用して比較的広範な計算処理が導く性能損失について評価をした。国家データマイニングセンターは“Sector and Sphere”と呼ばれるオープンソースソフトウェアをリリースしたが、それはクラウドストレージとクラウドコンピューティングに利用される。Grossman氏は、このソフトウェアを利用しテストをしたときに、それらの転送速度はHadoopソフトウェアの2倍近くにもなったと語った。HadoopはApacheソフトウェアファウンデーションのプロジェクトである。速度が向上した原因としてはUDTプロトコルを採用してことにある。このプロトコルはもっぱら超高速なネットワークと大規模なデータ群のために使われる。しかしGrossman氏は大多数のクラウドコンピューティングサービスが利用しているのはTCPプロトコルであると語る。

オープンソースクラウドコンピューティング連盟は2008年半ばに設立されて、現在はちょうど初期段階にある。Grossman氏は、連盟が考慮している技術問題とVMware社などは同じ状況で、VMwareは正に広範なOS を研究開発しており、データセンター全体を管理可能だと語る。

オープンソースクラウドコンピューティング連盟の主要な思想は、非競争的な方法の採用であり、各大学とIT企業をすべてこの連盟に参加させ、技術情報の交流によって、クラウドコンピューティングをより高速に, より安全にオープンソースの標準とオープンソースソフトウェアの発展に向けて主導することを強く望んでいる。


【書評】
クラウドコンピューティングに対する連盟が大学主導で設立された。クラウドコンピューティングに関しては昨年のLinux World中国でも話題になったとおり、仮想化と並んでオープンソースのもっともホットな話題の1つである。クラウドコンピューティングは1社で行うよりも他団体など巻き込み標準化とともに大きなものにしていくことが望ましいので、同連盟の動きには注目していきたい。マイクロソフトもクラウドコンピューティングに対する取り組みである『Microsoft Windows Azure』を発表しているが(関連サイト)以前のマイクロソフトと明らかに違うのはオープン化を意識している点である。クラウドコンピューティングと言う性格上、当然といえば当然ではあるが、取り組みとしては非常に面白い。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

ベトナム政府が所有するコンピューターはLinuxを使用する

今回のもとネタはこちら
『越南政府所有电脑将使用Linux』

【翻訳文】
ベトナム情報通信部は行政管理規定を発行して、政府機関ではフリーのオープンソースソフトウェアの使用が増加しており、それにはバックオフィスやデスクトップが含まれる。

新しい規定のもとでは、2009年6月30日までに、政府のサーバー機は必ず100%Linuxで運用されることになる ; 2009年末までには、70%の政府機関が必ずOpenOffice.org, Mozilla Firefox, Mozilla Thunderbirdを使うことになる。IT部門スタッフ全員がこれらソフトウェアのトレーニングを受ける必要があり、少なくとも50%の人員が精通するようにならなくてはいけない。2010年12月31日までには、政府機関全てのスタッフが仕事ではオープンソースソフトウェアを利用しなければならない。

ベトナムは総人口が8600万人で、世界で経済が急速に成長している国のうちの1つだ。


【書評】
ベトナム政府のオープンソース利用促進策である。政府主導のオープンソース推進は歓迎できるが、オープンソースに限らず100%○○でなければならない、と言うのは弊害を生み出す可能性もあり、今後が注目される。ただ、インドでもベトナムよりは緩やかであるがオープンソースの利用が進んでいることもあり(関連記事)、今後はマイクロソフト1社独占であったデスクトップなどを筆頭に、代替製品, 選択肢として推進されていくのであろう。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

2009年、中国のオープンソースは加速期に入るに違いない

今回のもとネタはこちら
『2009,中国开源能不能进入加速期』

【翻訳文】
やや気をつけて言わねばならないが、2009年はわずか数日程度しかたっていないが発見できたことがあり、ここ数日で起こったことは、既にオープンソースは話題性のあるIT分野で優位性ある立場を獲得するには充分であるということだ。

まずEMC社はオープンソースサポート企業のSourceLabsの一部業務を買収して、買収された試算はEMCの旗の下Cloud Infrastructure Business 事業部門に統合された。これはオープンソース技術をクラウドストレージ製品の中で一部分を占めるようにさせる。次は、AMD はLinuxコードに基づいた新たなオープンソースの3Dアクセラレータドライバーをリリースし、R600, R700などATI製グラフィックチップをサポートし、これはオープンソース技術にGPU分野での一筋の希望をもたらした。

実際、2009年注目に値する件があった。これはRed HatがBI ベンダーであるJasperSoftに資本投入したことだ。去年の大規模な買収の以降、現在のBI覇権争いはIBM, マイクロソフト, SAP, Oracleの間で行われており、JasperSoftの台頭は商用ソフトウェアが支配しているBI 分野でオープンソース技術が有利なのは明らかで天と地を創り出した。

2008年、Googleは完全にオープンなオープンソースモバイルプラットフォーム-Androidモバイルプラットフォームを世に出して、それはOS, ユーザインターフェース, アプリケーションプログラム-携帯電話の動作に必要な全てのソフトウェアが含まれている。これもオープンソースソフトウェアにもろもろのIT大手が競い合う分野-スマートフォン方面で先行した機会を与えた。

携帯電話大手のノキアも2008年に戦略を再調整して、Symbianプラットフォームをオープンソースプラットフォームとして世に出した。これは、Symbianはノキアから開放されて、最終的にはEclipseパブリックライセンスに基づいて配布され、しだいにオープンソースコミュニティへの道を歩んでいく。ノキアは2008年にTrolltechを買収し、オープンソースのQTツールはモバイルデスクトップ開発の架け橋となった。

その前には、オープンソースコンテンツ管理ソフトウェアベンダーのAlfresco Software はAlfresco Labs 3 を公開し、マイクロソフトのSharePointコラボレーションソフトウェアに対しては小さくはないインパクトとなった。その後、NovellはMono 2.0をリリースし、そのアプリケーションはLinux, Solaris, Macintosh上で.Netをアプリケーションを実行可能にする。

そのほか、オープンソースについては、人々はみなマイクロソフトを思い浮かべるであろう。しかし以前は、マイクロソフトはオープンソースと対立する立場にいたが、2008年は、マイクロソフトは明らかに人々のこのような印象を変えさせた。Silverlight 2 RTW のリリースは.NETプラットフォームにおいて大事な件であり、補足説明の必要があるのはマイクロソフトは12月にSilverlight Toolkit をリリースしたことで、これは完全にオープンソースのプロジェクトであり、非常に多くのSilverlight 2には含まれていないコンポーネントを提供しており、しかも数は増加中である。

2008年初頭に、Windows 2008研究開発チームはPHPアプリケーションに対して専門的な技術最適化を行った。2009年に入って、マイクロソフト中国は中国国内で著名なオープンソースコミュニティPHP Chinaと共同で相互協力計画を発表し、中国内のとても多くのWindows OS を選択利用するPHPユーザーのニーズを満足させた。

マイクロソフトについて明らかにあげられることは相互運用性であり、相互運用性に関しては、マイクロソフトの最大の気前が良すぎる件はNovellとの一連の協業である。その中でも人々をビックリさせたのは8月に1億米ドルを費やしてNovell SUSE Linux Enterprise ライセンスを購入したことである。


【書評】
オープンソースの世界が最近富に目まぐるしく変化をしており、2009年はそれが更に加速するであろうと言うことは筆者自身も感じている。EMCに関してはクラウドコンピューティングの会社を買収したことで、仮想化(VMware)とあわせサーバ分野でホットなソリューションを強みにしていけることになる。また、その両ソリューションはストレージビジネスとの相性も抜群であると思う。マイクロソフトのオープンソースへの態度の変化は以前にも書いたが(関連記事1, 関連記事2)、その変化も2009年には更に加速するであろうし、オープンソース関連企業の買収も行っていくものと睨んでいる。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

IngresとRed Hatオープンソーススタックを共同開発

今回のもとネタはこちら
『Ingres与Red Hat共同开发开源堆栈』

【翻訳文】
Red HatとIngresはLinux, JBossミドルウェアとIngresオープンソースデータベースを統合して、全世界のアプリケーション開発者たちに新しいオープンソーススタックを提供する。

これはLAMP(Linux, Apache, MySQLとPHPの統合)のコピーではなく、LAMPの代替でもないのは、LAMPは既にアプリケーション開発者たちの広範な支持を得ているためだ。相反して、両社はトランザクション処理で利用できるエンタープライズレベルのスタックを探し求めている。

11月のドイツフランクフルトのMesseturm会議上での共同声明によると、両社は既にBBG AP 社での連携で経験を得ており、BBG AP 社はIngress, LinuxとJBossを利用して銀行間コンプライアンスフィルタリングアプリケーションを構築し、これらのアプリケーションは200ヶ所もの金融機関で採用された。

BBP AG社CEOのPer Trifunovic氏は共同声明の中で、Red HatとIngresは長期的なパートナーであり、両社は自社のソフトウェアプラットフォームに100%の安定性と信頼性を求める、と語った。Trifunovic氏はまた自社の全ての事業所のサービスをオープンソーススタックのソフトウェアに移行するつもりであるとも述べた。彼らのアプリケーションプログラムは年間で50億件ものトランザクションを処理しなければならない。

その他製品として、JBossエンタープライズミドルウェアにはJBossアプリケーションサーバー, Hibernateオブジェクト/リレーショナルマッピングとJBoss Enterprise Portalが含まれている。Ingresはカリフォルニアバークレー校の研究成果のリレーショナルデータベースシステムであり、最初はRelational Technology社に買収され、その後、1994年にはAsk Computer社に買収され、2年後にCA社がASKグループを買収した。CAは2004年8月にオープンソース製品としてのデータベースコードをリリースし、1年後、CAとある企業は共同でIngresを設立し、Ingresはオープンソースコードをサポートする独立した会社になった。

Ingres 9.2は最近SAP社の認証を取得して、SAP NetWeaverアプリケーションと統合可能になり、Ingressがエンタープライズアプリケーションとデータベースのトランザクション処理になれることを保証した。NetWeaverはSAP社のアプリケーション開発実行環境であり、カスタムアプリケーションの開発にも利用可能だ。IngresデータベースのデータはNetWeaverビジネスインテリジェンスモジュールの中に移動でき、あわせて直接アプリケーションプログラムが使用される。

Ingres 9.2は11月18日にリリースされ、Unicodeサポートと多数の国の言語がサポートされるなど改善され、ODBC, Javaデータベース接続, マイクロソフト .Net Data Provider, その他データベースインターフェースなどを含めサポートされる。

数々の小売業がIngresを採用しており、インドのTechnology-Delhi 研究所はIngresを利用して2,000名の従業員と10,000名の学生の仕事と学習をサポートしており、オープンソースコンテンツ管理システムのAlfrescoとオープンソースビジネスインテリジェンスシステムのJaspersoftはともにそれらのデータベースシステムとしてIngresを利用している。

【書評】
Ingresとは懐かしい名前を聞いた、と言うのが最初の所感であるが最近もRed Hatとの連携により息を吹き返しつつあるようだ。Ingresはリレーショナルデータベースの父とも呼べる存在で、後にSybaseの元となりそれがマイクロソフトのSQL Serverの元となったり、PostgreSQLは元々Postgresと呼ばれていたがそれは”Post Ingres”に由来する。
Red Hatにとってもこの提携の意義は大きいはずだ。今やJBossと言う強力なミドルウェアを武器に持っているので、次にはやはり自社で強みを持つDBまわりが必要となってくる。Red Hatは以前PostgreSQLをベースにした”Red Hat Database 7.1”を展開していたが(参考記事)、現在では同社製品群にはラインナップされていない(参考サイト)。こちらの取り組みは時期尚早だったのかもしれないが、オープンソースデータベースが注目される現在は、同取り組みも注目されていくことであろう。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

分析 : DELLとRed Hatは互いに必須な相棒である

今回のもとネタはこちら
『分析:戴尔和Red Hat是绝配彼此需要对方』

【翻訳文】
海外メディアの報道によると、DELLを悩ます最大の問題は:そのかつての独自の武器であった低コストハードウェアの生産と販売は、既にその他PCベンダーが把握していることだ。数日前のマスコミ報道では、DELLの営業収入は1996年の53億米ドルから2006年の560億米ドルにまで成長しており、その成長は主に自身によるものであるとのことだ。DELLの高級管理職の人間は、同社は巨額な収入か多数の収入が必要であり、高い利益率をほこるソフトウェアとサービスの分野に進出することを認めた。DELL最高財務責任者のブライアン・グラッディ(Brian T. Gladden)は、”私は、同社が直面している問題はサーバー, ストレージ, ソフトウェア, サービス業務をの収益に通じた業務多元化の実現である。”と語った。

DELLはハードウェア分野以外で成長機会を探す必要があり、DELLにとって、2つの原因から、Red Hat, SunあるいはNovellを買収するより良い選択はない。1つ目は、Red Hatを買収することはDELLがソフトウェア分野に進出する最も手軽な手段である。DELLがソフトウェア分野で直面していることは低コスト生産と販売に頼ったソフトウェアの商品化業務でハードウェア分野と同様な機会である。DellとRed Hatは多方面で”お似合い”である。

その2としては、Red Hatの買収はDELLをその他ソフトウェア企業にはない優位性を持たせる:オープンソース産業チェーンを統合し、企業の最高情報責任者に多大な価値を提供する。かつてアナリストはRed Hatがオープンソースの産業チェーンを統合し、ソフトウェア業界の”ASCAP(アメリカ著作権協会)”になると提言した。DELLはRed Hatより多くのリソースを持っているので、これを達成できるであろう。

もちろん、DELLは買収の方面においては経験はやや不足していて、Red Hatあるいはその他ソフトウェアベンダーを統合する際、面倒なことに直面するだろう。Red Hatはオープンソースソフトウェアの統合とリリースには長けており、DELLは低価格のハードウェア製品の統合とリリースに長けている ; DELLにはソフトウェアを継続成長させるスキルが必要だが、Red HatはDELLの財力拡大業務を手助けすることができる。合併後DELL- Red Hatはオープンソースの顧客関係管理, 企業資源計画などのソフトウェアをすぐに提供するであろう。


【書評】
1/6の書評でも触れた、Red Hatの買収関連の推測記事である(関連記事)。DELLはその時には思いつかなかったが、以前からの緊密度合いを考えればありえない話しではない。1999年と言う早い時期にRed Hat製品の全世界的な提供、サポートサービスを開始し(関連記事)、現在でもRed Hatの最有力なハードウェアパートナーである。ただ、DELLなど特定のハードウェアベンダーと一緒になるというのは諸刃の剣でもある。と言うのもDELL配下になったRed HatをIBM, HPなどが以降販売促進していくとは考えづらいためである。一社との連携強化を取るか、あくまでベンダー中立を貫くのかが注目の的なのと、仮にDELLがRed Hatを買収した後に、IBM, HPおよびその他ハードウェアベンダーがどう対処していくのかも注目したい。場合によってはIBMがNovellもしくはそのLinux部門のみを買収して対抗措置を出していくのかなど興味は尽きない。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

Google Androidで開発者のお金儲けを支援

今回のもとネタはこちら
『Google将通过Android帮助开发者赚钱 』

【翻訳文】
Googleは今年Android App Marketを通して開発者が開発したアプリケーションを販売するのを支援し、開発者は70%の収益を受け取り、その他の30%はGoogleが運用,維持などをする費用として上納される。このような支払いモデルは必ずGoogle Android上のアプリケーションが数多く出てくることを刺激し、それゆえにApple社のApp StoreやRIM社のBlack Berry storeなどとの競争を形成していくことになる。

Google のAndroid App Marketは今年の初めにアプリケーションの販売を開始する。Googleは開発者に対しアプリケーションでお金儲けをすることを承諾している。

AppleのApp Storeは開発者に70%のアプリケーション販売の収益を獲得させており、RIMのBlackberry Application Storeは4月にリリースされるが、既に開発者が80%のアプリケーション販売収入を得ることを承諾している。

昨年10月以来、Googleは支払いシステムを増加させることを承諾しており、あわせて開発者に70%の収入を提供する予定で、その上Googleは残りの30%を自己所有しないで、この部分の収入を運営と請求決済システムの維持に使うつもりでいる。

Googleの公式声明を見てみよう : モバイルアプリケーションの開発者Martin Drashkov 氏はAndroid Marketのメールを受け取ったユーザーの1人で、Eric Chuのe-mailにはこう書かれていた : ”Android Marketは2009年第1四半期に価格システムのサポートを開始し、昨年秋のようにそれを通知します。異なる国家の開発者が支払い支援を設置する作業需要のために第1四半期に我々は以下の国で支払いシステムを開発者が操作できるようにする : (1)アメリカとイギリス;(2)ドイツ,オーストリアとオランダ;(3)フランス、イタリア、スペイン。”

Googleはその他の国のサポートも第1四半期に完了し、あわせて最適な価格戦略とシステム構造が完成するだろうと述べた。

アプリケーションに支払いを行うことは多大な影響をもたらし、Jupitermedia社モバイル戦略の副総裁Michale Gartenberg氏は、Android Marketの支払いモデルは開発者に多大な刺激を与え、”現在は開発者の作業に対する対価は何もなかったが、Googleの取り組みは開発者にとってとても有益である”と語る。

これらの取り組みはAndroidアプリケーション開発のブームを引き起こすだろう。開発者は以前はずっとAppleのApp StoreとBlackberry Application Storeに殺到していた。”もし開発者の手にとても良いアプリケーションがあっても、無名でありその他の人に提供しても気持ちの良いものではないだろう。”Gartenberg氏は”Googleの取り組みはとても重要なマイルストーンで、もしこの分野の市場地位を占有したいと思うなら、開発者がお金を稼ぐ機会を提供しなければならない”と語る。

Drashkov 氏はモバイルアプリケーションの一般的な状況は : アプリケーションの数だけでなく質の面から言っても、AppleのApp Storeは全ての面においてAndroidより優位性を持っているが、Googleの最新の取り組みはこの状況を変えられると見込んでいる”と説明する。彼は、”Apple社のApp Storeの強力な競争力を理解してても、開発者は幾種類もの開発プラットフォーム上でリリースする”と言う。


【書評】
Google Androidの開発者向けプログラムの詳細である。Apple社やBlackberryが同様の取り組みを行っていたのは初耳であったが、開発者が報酬を手に出来る仕組みを作るのは非常に有用なことである。オープンソース自体で考えても同様で、多くの技術者のモチベーションは広く様々な人々に自分の開発したアプリケーションなりツールなりを使ってもらう事に重きがあるとはいえ、その開発行為を継続していくための費用(対価)は必ず必要である。一部の企業がオープンソース関連の開発者に業務としてその開発に従事させているケースも見られるが、全てにおいて満足な状況とはいえない。オープンソース自体でもこのようなモデルもしくはアフィリエイトみたいなものでも良いが開発者が対価を享受できる仕組みが出てくることを強く望む。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

2009年オープンソース5大動向の展望

今回のもとネタはこちら
『展望2009年开源五大趋势』

【翻訳文】
年末年始に、海外メディアのInfoWorldはオープンソース関連の2009年5大動向を総括し、そのなかにはオープンソースの商業化の度合いが増大、これから起こるでであろう買収取引などが含まれており、以下はその全文である :

1.オープンソースの更なる商業化
まさしくオープンソースサービスプロバイダーMuleSource社のデーブ・ローゼンバーグ(Dave Rosenberg)氏が同じことを言っているが、オープンソース商業化の度合いは更に増大し、伝統的な切り売りなソフトウェア販売技術サポートサービスの視点は変えなければならず、企業のCIOとCTO達は更に実際的で、彼らはオープンソースベンダーが意図するサポートサービスの購買には応じないかもしれない ; 彼らは業務価値を増やすものだけを購入するであろう。個人的な意見ではあるが、ある技術が継続発展したいと思ったさいは、その商業化が更に多く必要となるだろう。

2.さらに多くのビジネスモデルを試す
オープンソースLinuxベンダーのレッドハット社は企業サービス収益モデルで大きな成功を納めてはいるが、オープンソース業界では既に大きな変革が起こった。例えばAlfresco, Pentaho, SugarCRM,MySQLなどは独自の優れた点がある。MySQLは、そのコア部分は完全にオープンソースであるが、追加機能はライセンス費用のモデルで提供されている。PentahoとSugarCRMなどその他会社も同様に、彼らの製品の中にもクローズドソースの機能がある。私は来年にはますます多くの商業モデルが試され、企業は奨励ユーザーを費用を払う顧客に変える施策などを行うのは明確であると思う。

3.買収取引の増加
2008年の年初、Sunは10億米ドルの価格でMySQLを買収したが、アナリストはそれが買収熱狂の引き金となるだろうと予測した。しかし実際には、ある中規模の取引を除いては、オープンソース関連の買収は多かれ少なかれ停滞状態にあり、原因は株式市場の低迷の影響ならびにM&A市場の活力である。私は、市場の安定に伴い、M&A市場の回復が再び見られるだろうと思う。現金を持っている企業にとって、現在は取引をする絶好の機会であることは疑う余地もない。

4.ユーザーコミュニティの力が更に強大に
オープンソースの商業化度合いが増加しているにもかかわらず(私は悪いこととは思わないが)、私はオープンソースコミュニティの中でユーザーの力も増長していると見ている。企業IT部門の普通のユーザーがオープンソースコミュニティに参加しだしている。オープンソースが次第に企業の中で活用されるに伴い、更に多くのITユーザーがオープンソースプロジェクトに参加して、プロジェクトに対し、非常に重要な提言を出している。多くのオープンソース企業は自己の企業顧問委員会を有していて、とても多くのユーザーが製品ロードマップ策定の助けとなっている。私は子の傾向は続くと思う。

5.オープンソースが更に主流に
最もありえる動向は、オープンソースは継続してITの中核システムに浸透していき、それはOS,ミドルウェア,データベースの方面であろう。市場分析機関であるGartnerは報告書で、オープンソースのデータベースアプリケーションは昨年既に50%を越えていると発表した。私はプロプライエタリソフトウェアは新しく作られた企業の最初の選択肢にはなり得ないと思う。ますます多くの企業が支出抑制のためオープンソースを利用している。オープンソースソフトウェアは既にGoogle, アルカテル, ノキア, AP通信など大企業から認められている以上、それを利用しない理由は何があるだろうか?特に現在の経済環境が悪い状況の中、オープンソースソフトウェアを選択利用することは更に経済的な選択であることは疑う余地もない。


【書評】
今回の話題は2009年の動向予測である。2番で触れられているMySQLに関し、多くの方がMySQLはデュアルライセンス形態であることをご存じないのではないだろうか?詳細はこちらをご覧いただきたいが、GPLライセンスと商用ライセンスが設けられており、MySQLをベースとしたアプリケーション構築などを行った際、ソースをすべて開示すればGPLライセンスが適用され無償で利用できるが、どうしてもソースコードを開示したくない場合は、商用ライセンス(要は有償)を購入しないとならない。ここは、MySQLを利用したサービス企業は注意しておくべきと思う。
3番のオープンソース関連企業の買収は確かに活発化すると思われる。今年は買い取る側としてはやはり、マイクロソフト、オラクル、Sun、Googleなどの動向には注目をしていきたい。大なり小なり1社につき1社は買収を実行するであろう。また、完全に個人的な見解だが、買収される側で大手の候補としてはやはりレッドハットではないだろうか。ここ数年、レッドハットを買収すると言う記事がちらほら見られる(関連記事1関連記事2)。
オープンソースが浸透し、ビジネスモデルの更なる変革が求められる2009年、今から非常に楽しみである。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

Novell HSBCのシステム相互運用性向上をサポート

今回のもとネタはこちら
『Novell助汇丰银行提升系统互操作性 』

【翻訳文】
香港HSBCの本社はロンドンに位置し、その国際的なネットワークは76カ国、284,000名の行員、9,500箇所の事務所を有している。香港HSBCは1.25億人もの顧客を有し、その中の2,500万人の顧客が既にオンラインバンキングに登録している。HSBCは広範な銀行業務が提供可能で、その中には個人向け金融サービス, 商業銀行, 企業・投資銀行業務および市場, 民間銀行およびその他業務活動などが含まれる。


挑戦

”相互運用性”の問題はずっと多くの顧客の注目の的である。むりやりアップグレードすることは保管データ, 技術的見通しの未知な部分, 不安定性およびインストールと維持の難しさなどで、全てのユーザーをやきもきさせる。ソフトウェアの相互運用性を解決することは、当面の急務になっており、またさしあたりソフトウェア産業発展の中の技術潮流である。Linuxと現有するMicrosoft Windowsインフラとの相互運用性の調整もHSBCの切迫した必要事項であった。

以前HSBCはLinuxシステムを選択したが、組織全体で異なる発行システムを使っていたため、標準が欠落しておりLinuxの所有コストが相対的に高くなってしまった。新しいアプリケーションプログラムを採用したとき、HSBCはアプリケーションプログラムだけでなく各種コンポーネントの最適化を図る必要があった。自社で定義したレベルおよび特定のアプリケーションプログラムあるいはハードウェア要求がコストを大幅に高くさせていた。これらの費用は単に初期コンポーネントから来るものだけではなく、継続した管理と維持も含まれている。

金融サービス機関として、HSBCのITシステムは業務展開の中核システムだ。これらのサーバーの安定性, 信頼性と100%の正常な稼働時間はHSBCの業務展開と保持に重要な意義を持っている。HSBCが現在持っているサーバーOSは、安定性とセキュリティは人々を満足させられるものではなく、システムの安定性とセキュリティの下降はメンテナンス業務に責任を持つITスタッフに更に多くのプレッシャーと仕事量をもたらす。


ソリューション

一連の考察, 論証とテストの後、香港HSBCは日増しに人気が高まるMicrosoftとNovellが提携協業するグローバル化された会社のプログラムを利用し、MicrosoftとNovellの提携協業から利益を得た。

”MicrosoftとNovellのこの合意はある種の触媒だ。我々が利用しているエンタープライズレベルのサーバーSUSE Linux EnterpriseはLinuxインフラに対し標準化を進め、同時にMicrosoft Active Directoryの継続利用の拡大時に、Linux環境の複雑さを軽減することを助けた。”と香港HSBCグローバルIT分散システム運営部門責任者のMatthew O'Neill 氏は述べた。”我々はMicrosoft社とNovell社の共同提携を使って我々の混在環境を簡素化することを決定し、これはすぐに我々のコストと複雑性を低下させた。これがNovell社を最優先のLinuxパートナーとした原因で、引き続き我々のLinuxインフラを発展させてくれる。”

”更に多くの標準化作業を試してみて、我々の努力目標は事実上これらの傾向を転換させることであり、これは我々の基準のコンポーネントで、我々が最高のサービス水準を提供し内部固定費用を最大限下げるツールでもある。我々は定期的に技術作業の展開状況と技術の内部価格算定方式を検査している。我々は、ここで費やすコストは所有するLinux環境サポートのコストを上回っていることを知っている。事実上、MicrosoftとNovellの製品はこの問題の解決に絶好の機会をもたらしてくれた。”とMatthew O'Neill 氏は語る。

同時に、Novellはコンサルタントとしての職責も担当している。また一番目のコンサルタントの提供ベンダーでもあり、HSBCに更に多くの専門的なサービスも提供している。相互運用性の強化は更なる安定性, 信頼性, セキュリティの要求に対しHSBCを大いに満足させた。

HSBCとNovellの合意内容はLinuxサーバーコンポーネントが到達すべき目標であり、企業全体の中でSUSE Linuxで標準化が実現される。今後3年間で、HSBCは各サーバーと接触する機会が非常に多くあるだろう。


成果

Microsoft/Novellとの契約締結を通して、HSBCはLinux総所有コスト(TCO)を低減し、Linux導入と標準のマイクロソフトのインフラ設備との間のより良い相互運用性を獲得した。エンタープライズレベルのサーバーであるSUSE Linux Enterpirse Server上でのLinuxの標準化はHSBCの強固な基盤となり、Windows環境とのシームレスな統合が行われた。

HSBCはちょうど全世界的なActive Directoryインフラのリリースが完了した。このインフラはキーとなるコンポーネントをシステムの中で多く利用するので、管理コストを下げることに役立つ。HSBCの社内ユーザーの利便性向上は、関係者をシステム間を行き来することを可能にさせ、絶えず異なるユーザーIDとパスワードを覚えておく必要をなくす。


未来への期待

Novell社とMicrosoft社との提携作業は、共同でソリューションを確立しサポートし、相互運用性を高めるために、新しく強大な仮想化性能を生み出し、これもユーザーにさらに大きな利益をもたらしている。データセンターでは、更に多くのSUSE Linux Enterpriseが利用され、あわせてマイクロソフトWindows環境との完璧な統合が行われるので、アプリケーション導入がさらに増加し、会社の競争優位性を高めている。

数々のユーザーと同様に、HSBCがより関心を示しているのは仮想化と更に多くなるリソース共有の問題だ。仮想化の観点から言えば、企業はWindowsの仮想化技術を利用した数々の作業は完成させているが、彼らはLinuxの仮想化技術を利用した同様な作業は完了していない。ユーザーが知りたいのは2つの作業を一台のサーバー上に集約できるか否かであり、同一ハードウェア上にあるわずかに違うプロセスを利用することでわずかな差異に抑えるための問題解決に集中することだ。


【書評】
今回の話題は相互運用性についてである。MicrosoftとNovellは相互運用性を高めるためにパートナーシップを2006年11月に締結した(関連記事)。その後、相互運用性向上のためのラボを開設したり(関連記事)、MicrosoftがNovell製品を販売するなどが行われ(関連記事)、相互運用性専用サイトも開設されている(関連サイト)。実績面でも本文にあるHSBCに限らず、BMW,ルノーなど大手企業に採用されている(関連サイト)。
昨今の企業ITシステムを見ても、単一のOSと言う状況は非常に少なくなってきており、相互運用性の向上が情報システム部門の最大の課題になっている。本取り組みだけでなく、今後も仮想化をはじめとした相互運用性を高める取り組みが数多く出てくるであろう。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

2009年Sunのトレーニングはコミュニティ市場に狙いを定める

今回のもとネタはこちら
『Sun培训瞄准2009社区市场 』

【翻訳文】
12月22日の第2回Sunトレーニング開放日の最終日、貴社は再度Sun中国主席教育官の张瓒氏に会ったが、顔色がよく活気に満ちた彼は記者に、トレーニングの初日は人だかりの山であったが、2日目は月曜日と言うこともあり、参加人数は減少した、と言った。 ”次の会は2週に分けて週末に行いたいと思う”。张瓒氏が言わんとするところは、Sunのトレーニング開放日はSunのトレーニングの長期的なブランド活動であると言うことであろう。


トレーニング日は内外の関心を牽引

张瓒氏は、海外のトレーニング団体の来賓の今回の大会に対する評価は”予想以上の満足”で、さらに内部評価は”比較的満足”だと紹介した。内部のこのような評価の一因は、昨年の投資回収分析と比較して、今年の回収は小幅な上昇であったことにあるようだ。詳細については、张瓒氏は観衆の熱意を読み違えたと言及した。”我々のJavaセミナー会場は、もともと200人の大会議室を探していて、それで足りるであろうと思っていたが、最終的には多くの学生が会場で立って聴講することになってしまった”。と张瓒氏は遺憾の意を表示していたが、来年は更に経験を重ねたので、地元のSunトレーニングの中で注目されるものへの関心事を理解しているであろう。

张瓒氏が最も嬉しかったのは、このような高品質で高い影響力がある活動を通して、Sun社の多くの部門とソフトウェアの達人が皆魅了されて、ともにSunトレーニングのブランドとSunソフトウェアのブランドを宣伝してくれたことだ。”我々の今年の優れた点はとても多くのSunの資源を整合したことで、たとえば我々はSunのオープンソースソフトウェア部門のエンジニアを宣伝してもらうべく招待したが、その効果はとても良い物であった。さらにもう一つ率先して整合したのは例えばMySQLで、我々はわざわざ協業パートナーの万里オープンソースの講師を招いて講演を行った。”と张瓒氏は語った。


独立性強化 2009年の期待

ここ2年のJavaコミュニティへのトレーニングは、ある種Sunの旗本に回帰する傾向があって、これはSunトレーニング部門に大きな自信を与えため、市場開拓の困難さは殆どなかった。そのほか、これはある難しい問題もだした、すなわち如何にこれらのトレーニングをSunのトレーニング体系に整合していくかと言うことだ。

张瓒氏が2009年の事業計画を紹介するときに話していたのは、一番大事なのは根本を固めるしっかり育成することと農村部が都市部を取り囲むような考え方だということだ。前者は企業用Solarisのトレーニング市場をしっかりと固め、その後更に大きなコミュニティ市場を育成,発展させることである ; 後者は下流のトレーニングパートナーの規範化された管理を指し、”農村部が都市部を取り囲む”手法を使って、まず中小規模の領域を作り、だんだんと重要都市にいる大パートナーと協業していくことだ。

このためには、社内のスタッフから、张瓒氏は2つのキーとなる役割を拡充しており、一つは販売シナジーで、一つはSolaris企業トレーニングとソフトウェアパークこの市場を見ることで、もう1つはインターネットなどを十分活用して学校などにSunトレーニングの市場ブランドを売って出すことだ。”我々内部のもともとある分業はあまり明確ではなかった、2009年はこの分業査定を強化する”と张瓒氏は言い、彼は外部講師、トレーニング担当などの人員を拡充していくつもりである。

ここから類推できるのは、上記2つの役割は、1つは直販で1つは間接販売であり、直接販売で更に多くの企業ユーザーを管理し、間接販売はチャネル市場の管理だ。Sunトレーニングのパートナーは、达内、奥鹏、奥华 などを含めたトレーニング専業パートナーを非常に多く持つ。これら人員の整備はSunトレーニングの独立性強化を反映し、しかも純粋な執行部門ではない。

実際”間接販売”これは、狙いとしてはコミュニティトレーニング市場である。如何に体系化されたパートナー管理を行うか?张瓒氏は、Sunトレーニングブランド下で”実践的な訓練体系”をつくり、全国各地に物理的なトレーニングセンター(基地)を設立し、Sunの核心技術,ソフトウェア開発技術,言語学習,ソフトウェア技術など全体パッケージを投入していく。さらに最近教育部は大学が認定した苦学生の就職補助計画を出して、これも张瓒氏に一つの良いきっかけを与えた。

人事上は、张瓒氏は”人をよく知りうまく使う”、充分なコミュニケーションが必要と強調する。”トレーニングこれは、中国が一番多くの資源を有する。私は皆とともに相互信頼,相互支援を希望し、2009年を展望する。”と张瓒氏は自信満々に言う。その他彼の話によると、SunのQ2のデータから見てみると、コミュニティトレーニングの占有率は企業トレーニングを既に超えているとのことだ。


【書評】
Sunのトレーニング開放日に関しては前回『Sunは中国でオープンソース普及の風を巻き起こす 』でも紹介した。今回のイベント自体は参加者が微増にとどまったとの事だが、ここに書かれている通り年末の平日と言う条件も影響したのであろう。また、地域としても深圳と北京の2拠点だけではなく、Linux/オープンソースが盛んな深圳近辺の広州 または南京などでの開催を行うのも1つの手かと思う。ただ、ここで書かれている通りSunトレーニング開放日などの類は長期的かつじわじわとくる効果が期待されるものであるため、今回の1回で一喜一憂する必要はなく、今後もコミュニティに対する取り組みには期待していきたい。

テーマ : 中国ビジネス
ジャンル : ビジネス

記事配信サイト
当ブログの記事は下記サイトにも配信されています。

あなたの中国力をUP


アジアへの扉、サーチナ。"
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Translate these articles.
最新記事
Google Translate
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

熊猫

Author:熊猫
日本のIT業界に16年の経験、Linuxに代表されるオープンソースの業界には10年の経験を有する。特に日本のオープンソース業界では、その黎明期である2000年前後から、マーケティング,アライアンス職として、ビジネス企画・推進からパートナーとの協業モデルの構築などに従事。
2008年3月からは中国に渡り、オープンソース関連企業上海支社設立に従事。2009年7月からは独立し、中国安徽省馬鞍山市において、オープンソース専門企業の安徽開源軟件有限公司を設立。
現在も中国でLinux/OSS業界における日中の架け橋となるべく公私に渡り奮闘中。

Twitter => http://twitter.com/osschina

リンク
RSSリンクの表示
人気ランキング
皆さんのクリックがモチベーションです(^^;)
検索フォーム
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。